Youtubeはもう稼げない?稼げないといわれる5つの理由と打開策

YouTubeって本当に稼げないのかな…。
「YouTube稼げない」と言われているのはなぜなんだろう…。
自宅でできる安定した副業はないかな…。

あなたは今こんなことを考えていませんか。

世界的で圧倒的シェアを誇る動画配信プラットフォーム「YouTube」。グーグルの発表によると、2020年9月時点の国内ユーザー数は6,500万人を突破。2022年現在は6,900万人まで成長しています。

Google「国内利用実態」

有名芸能人や有名スポーツ選手もこぞってYouTubeに参入しています。ヒカキンさんやはじめしゃちょーさん、ヒカルさんなど有名YouTuberたちの年収は億を軽く超えるともいわれており、世間のあこがれの的です。

成功者がいる一方、実際にYouTubeへ参入した人たちからは「YouTubeは稼げない…」という声もきかれます。

「YouTubeが稼げない」といわれる主な理由は以下の5つです。

YouTubeが稼げない5つの理由
  1. 参入者が多く、年々競争が激化している
  2. 収益化条件を達成するのが難しい
  3. 収入が安定しない
  4. 結果が出るまで時間がかかる
  5. 動画投稿には膨大な時間と労力が必要

この記事では「YouTubeは本当に稼げないのか」について、現役YouTuberの声を元に解説していきます。

後半では最短期間で収益化したい人におすすめのライブ配信アプリをご紹介していきます。

ぜひ最後までご覧ください。それでは解説していきます。

YouTubeは稼げない?今からは無理?現役YouTuberのリアルな収入事情を調査

結論、YouTubeはまだまだ稼げるプラットフォームです。

YouTubeの全世界におけるアクティブユーザー数は20億人以上(2022年7月時点)、国内の月間利用者数は6,900万人以上(2022年10月時点)と圧倒的シェアを誇ります。

【2022年10月版】人気ソーシャルメディアのユーザー数まとめ

引用:WE LOVE SOCIAL

総務省の調査によると、YouTubeの利用率は全年齢で87%を超えています。2020年以降、40代以上の利用が増加傾向にあることも特徴です。今やYouTubeは若者向けメディアではありません。子供から大人まで、あらゆる年代が日常的に利用しています。

引用:WE LOVE SOCIAL

YouTubeの利用率は全年齢で87%を越ていることをみても、YouTubeを利用する層は着実に増加しています。利用者ニーズの観点から見て、YouTubeはまだまだ参入可能な稼げるプラットフォームだと分かります。

実際、国内で活躍するYouTuberのなかでも、登録者数10万人を超え「銀の盾」を手にする人たちも増えています。知名度や実績がなくても、YouTubeで本業レベルを稼ぐことは十分可能です。

具体例として、2019年~2020年に新規参入した現役YouTberの収益をご紹介します。

一人目は「ごっつあん」さんです。「ぼったくりタクシーに乗ってぼったくられるのか検証する」など、闇暴き系で人気のYouTuberです。

登録者数は現在3.4万人、2022年8月の再生回数は30万再生を超えています。最高月間収益は約36万円(2021年時点)とのこと。2019年12月から開始しており、2年で月収30万円を超えたことがわかります。

引用:YouTube

2人目は「POCHI」さんです。2020年1月からスタート。約1年で登録者3,000人を突破しており、現在(2022年11月)の登録者数は2.52万人を超える人気YouTuberです。

収益化達成後、初めての月収は9,451円だったそうで、収益化のプロセスについて自身の動画で詳しく発信しています。

普段はフリーでハンドメイドジュエリーのブランドを運営しています。「POCHI」さんは、メイク系や美容系の投稿もしているため、興味がある方は参考にしてみてください。

引用:YouTube

3人目は「佐原まい」さん。登録者数は6.7万人です。

配信は2019年6月から開始しており、2021年上半期の合計収益は159万円を超えました。月収に換算すると約27万円です。1動画当たりの再生回数は約3.8万回です。フリーランスの働き方、ワークスタイルについて発信しています。

引用:YouTube

現役YouTuberたちのリアルな収入事情を調査した結果「登録者数1万人超の月収目安は10万円~20万円」になることがわかりました。YouTube本業を目指すなら、登録者数1万人を目標にするのもおすすめです。

「YouTubeはオワコン」との声も聞かれますが、一方で知名度がなくても本業レベルで稼ぐYouTuberは次々誕生しています。圧倒的知名度や利用者数からみても、YouTubeはまだまだ稼げるプラットフォームです。 

以上、YouTuberの収入事情について解説しました。

配信で収入を得るなら「ライブ配信アプリ」がおすすめです。「Pococha」「17ライブ」「ビゴライブ」などの人気アプリなら、配信をはじめた日から収益化が可能です。スマホからボタン1つで世界に生配信。配信をスタートしたその瞬間から、リスナーが一気に集まりますよ。雑談、生配信することに抵抗がない方には、YouTubeと親和性のある配信アプリがおすすめです!

世界的人気アプリ「ビゴライブ

「なるべく早く収入を得たい」と思う方はライブ配信アプリをチェックしてみてください。

引き続き「YouTubeが稼げないといわれる5つの理由」を解説します。

YouTubeが稼げないといわれる5つの理由

ここからはYouTubeが稼げないといわれる5つの理由を紹介します。

YouTubeが稼げないといわれる理由は以下の5つです。

YouTubeが稼げないといわれる理由
  • 参入者が多く、年々競争が激化している
  • 収益化条件を達成するのが難しい
  • 収入が安定しない
  • 結果が出るまで時間がかかる
  • 動画投稿には膨大な時間と労力が必要

1つずつ丁寧に解説します。

参入者が多く、年々競争が激化している

YouTubeが稼げないといわれる1つ目の理由は「参入者が多く、年々競争が激化しているから」です。

以下のサイバーエージェントの統計を見ると2025年まで広告収入は順調に増えると予想されています。特別な機材がなくてもスマホ1台で動画投稿できることから、YouTubeの新規参入者は増加しています。広告収入の増加を見れば、今後もさらに新規参入者が増えることは予想できます。

コロナ禍の影響で仕事を失った芸能人や著名人、有名プロスポーツ選手が続々とYouTubeに参入しています。

最近ではジャニーズ事務所の「山田涼介」さんがゲームチャンネルを開設しました。その他、タレントで女優の「大原優乃」さんもYouTubeに参入しました。 

すでにファンを数多く抱えている有名芸能人も参入するYouTubeで無名の新人が収益化するのは厳しい状況です。

とはいえ、知名度が無くても人気を得ているYouTuberたちもたくさんいます。

例えば87歳のおばあちゃんYouTuber「Earthおばあちゃんねる」。団地で一人暮らしをするおばあちゃんの「丁寧な暮らし」が評判をよび、登録者数14万人を超える人気チャンネルです。撮影者はお孫さんが担当していることから「おばあちゃんと孫のタッグ」も人気のポイントです。

独自性をアピールし、ライバルとの差別化を図れば、収入アップを目指せるのがYouTubeの世界です。

有名人が配信を行っていないジャンルを狙い、地道に動画をアップしてファンを獲得していきましょう。

収益化条件を達成するのが難しい

YouTubeが稼げないといわれる2つ目の理由は「収益化条件を達成するのが難しいから」です。

YouTubeにおいて収益化をする条件は次の2つです。

YouTubeにおいて収益化する条件
  1. 直近1年の動画総再生時間が4,000時間を超えている
  2. チャンネル登録者数が1,000人以上

収益化をするためには、地道に動画を上げ続ける努力必要です。収益化までの所要期間は個人差が大きいものの、目安は半年から1年程度。1年以上かかることも珍しくありません。収益化達成までにYouTubeをやめてしまう方も多いことから「収益化条件の達成は難しい」といわれているのです。 

自由への第1歩としてYouTubeを始めてみましたが、収益化までは程遠いですね…🥹
視聴回数や登録者が1増えるだけでもかなりテンション上がります😙
short動画は回数が増えやすいみたいだからうまく使いこなしたいです!!
初心者YouTuber頑張ります💪

引用:Twitter

YouTube始めて見てつくづく思ったんですけど、収益化って本当に難しいんですね!
とりあえず目標立てて頑張るぞ!
最近色んな人と絡めて嬉しい!
活動始めて良かった!
これからもよろしくお願いします( ^ω^ )

引用:Twitter

そろそろ動画切り抜きのYouTubeチャンネルを開始して
3か月となりました。3ヵ月で収益化できなければ人生ごと辞めようかくらいに思っていたのに全然ダメでした。。難しいですね。。視聴回数が右肩下がりになるたびに鬱になりそう

引用:Twitter

具体例を挙げて収益化の道のりを見てみましょう。ここでは「もえひろ夫婦のフクモモLAB」さんをとりあげます。

引用:YouTube

「もえひろ夫婦のフクモモLAB」さんは開設から1年5ヶ月で収益化条件を達成しました。収益化条件を達成するのは想像以上に壁が高く、心が折れたこともあったそうです。収益化の決め手は「継続したから」とのことです。このチャンネルが「継続」できたコツは以下の通りです。

チャンネル継続のコツ
  • 撮影・編集機材を整え、作業を効率的に
  • 定期的に目標設定と振り返りをする
  • チャンネルテーマ「好きと得意」のかけ合わせ
  • Twitterの活用

「もえひろ夫婦のフクモモLAB」さんは「地道な努力をして動画をアップし続けた結果、ようやく収益化にたどりついた」と語っています。

収益化の条件をクリアするのは時間も労力もかかる作業です。その上、収益化はゴールではなくスタートでしかないのです。「ゼロから収益化を達成するのは時間がかかる」と腹を据え、努力を継続していきましょう。

収入が安定しない

YouTubeが稼げないといわれる3つ目の理由は「収入が安定しないから」です。

YouTubeの広告単価は公表されておらず、その上、広告単価は変動することから、YouTubeの広告収益はなかな安定しません。

広告収入は「再生回数×広告単価」によって決まります。広告単価は1再生あたり平均0.05円〜0.1円程度です。単価が固定されていれば、再生回数を伸ばす努力により、収入アップを目指せますが、広告単価は非公開、かつ変動します。

つまり広告単価の不安定さや、再生回数を維持するための労力から「YouTubeは収入が安定しない」といわれているのです。

多くのYouTuberにとって、収益の柱は広告収入です。しかし、この広告収入は時期によっても大きく変動します。

YouTuberたちの口コミによると、広告単価は12月と3月に上がる傾向があります。理由は、12月は企業がクリスマスや年末商戦で広告に多くの費用をさくためです。そのため、3月は1年を通じて最も広告単価が高く、逆に4月は広告単価が下がるといわれています。

またYouTube側の規定変更により、広告収益が突如激減する、もしくはストップすることもあり得ます。

たとえば、2020年には「子ども向け動画」に対して、一部の広告が停止されることになり、YouTuberたちの間で衝撃が走りました。

「パーソナライズド広告の停止について」語るカズチャンネルさん

パーソナライズド広告の停止について。

YouTubeは常に視聴者目線にたって、規定の改定を行っています。今後もルールが変わることにより、今まで得ていた収益が激減するリスクはあります。

手島優「矢口真里とのYouTubeは儲からない」2人で推定月収5万以下「モチベーション上がんない」

引用:Twitter

YouTube、今単価下がってるそうなので、余計儲からないようですよ

引用:Twitter

YouTubeにおいては広告単価は公表されておらず、グーグルの仕組みに依存するしかありません。広告単価が不安定なことや、仕組みの変更にともなう収益減少のリスクから、収入が安定しないのです。広告収益だけに頼るのではなく、企業案件や、メンバーシップに力を力を入れることで、リスクを最小限におさえることができます。

結果が出るまで時間がかかる

YouTubeが稼げないといわれる4つ目の理由は「結果が出るまで時間がかかるから」です。

収益化の条件である「直近1年の動画総再生時間が4,000時間を超えている」「チャンネル登録者数が1,000人以上」を達成した後も、さらに再生数・登録者数を伸ばしていくためには半年から1年以上の長いスパンで取り組む必要があります。

さらに「10万円の収入を得るには登録者1万人が目安」といわれており、本業レベルで稼ぐまでは年単位の道のりになります。

登録数1万人突破時点の収益が15万円だったと語る「りおの節約生活。」さん

【登録者1万人】1年間のYouTube収益を公開!【副業】

「登録が10万人だと、月収は100万円」と語るビジネス系インフルエンサー「マナブ」さん

【公開】YouTubeのチャンネル登録が10万人だと、月収は100万円です

収益化条件を満たすまで平均半年以上かかること、安定収入を得るには年単位が必要なことから「YouTubeは時間がかかる」といわれているのです。

ええこと言うわ。企業のYouTubeを何十社も担当していますが、やらないと本当にもったいない。わざわざ地方から来店してくれたり、ファンがついたり。良いことだらけ。でも"結果"が出るにはやっぱり時間がかかる。一緒に走り続けた人は結果が出てる。結局は、継続だけなんですよね。広めないでね。

引用:Twitter

SEOもYoutubeもただやれば結果が出るわけじゃない
初期設計をしっかり行い継続して改善していく必要がある
この2つのどちらも効果が出るまで時間がかかるため、継続できずに離脱してしまう人が多い
そのあたりの事前理解も大事

引用:Twitter

収益化達成の道のりを公開しているYouTuberたちの事例を見ると「登録者1,000人達成」までの所要期間は半年~1年程度が平均です。1年以上かかるといった声も多くありました。収益化できるまで、半年から1年は無収入が続きます。

さらに登録者1,000人を達成し、収益化条件を満たしても、得られる収入は1万円前後が大半です。本業レベルを稼ぐためには、さらに年単位の努力を続ける必要があります。

YouTuberの平均月収で見ても「5,000円~10,000円未満」が最も多く、次いで「1万円~5万円」となっており、月の生活費の目安になる30万円以上を稼ぐYouTuberは全体のわずか5%程度と少数派。継続して稼ぐことの難しさがわかります。

引用:PRTIMES 

長い時間をかけて収益化をし、再生数、登録者数を伸ばしてもYouTube単独で生活していくことは難しいのです。需要のあるジャンルを研究し、地道に動画をアップし続ける努力が必要です。

動画投稿には膨大な時間と労力が必要

YouTubeが稼げないといわれる5つ目の理由は「動画投稿には膨大な時間と労力が必要だから」です。

1本の動画を投稿するには、最低限以下の作業が必要となります。

1本の動画を投稿する作業
  • 企画
  • 台本作り
  • 撮影
  • 編集

投稿するジャンルにもよりますが、10分前後の動画でも、動画の企画から撮影、編集まで合計5時間以上かかるのも珍しくありません。慣れないうちは、さらに多くの時間と労力を必要とします。

ヒカキンさんがテレビ出演の際「わずか7分の動画投稿に6時間かけている」と発言して話題になりました。簡単にみえる動画に実は膨大なアイデア、工夫が隠されており、世間が注目し驚いたのです。

引用:Twitter

「YouTubeを収益化するには毎日投稿が大切」とよくいわれますが、毎日投稿は専業のYouTuberでも難易度が高いのが実情。会社員の副業や子育て主婦の在宅ワークとしてはかなりハードです。

さらにYouTubeの場合、最初から大きく稼げるわけではありません。膨大な時間を費やして作業をこなしたとしても、収入として結果が出るまで時間がかかります。継続しても収入がアップする確証もありません。

YouTubeの場合、収益化条件があることも厳しい原因です。膨大な時間と労力を投下しても、収益化条件を満たさなければ、収益には結びつきません。結局、収益化条件を満たすまで継続できず、YouTubeをやめてしまう人がほとんどです。

12月から始めたYoutubeでの動画投稿。
ボチボチ増えてきたが、チャンネル登録者数2…w
(うち1人が自分w)

作ってみて思うけど、動画作るのすげー時間かかる。
世の中のYoutuberの人ってすごいんだな。

来年からは家の前の空きスペースを畑化するDIYをスタートするぜ!

引用:Twitter

日付が変わってしまった
何とかYouTubeチェックをクリア出来ましたが、今はカスタムサムネの認証が出来ないので、動画投稿は今日の夜には出来そうです。
なにぶん初心者なのでご勘弁を。。
YouTube編集ってやってみて改めて大変さを思い知った。
たった8分の動画にこれほどの時間と労力…キツい

引用:Twitter

動画投稿には膨大な時間と労力が必要なので「YouTubeが稼げない」といわれる要因になっています。

動画投稿には膨大な時間と労力が必要です。さらにYouTubeで収益を得るためには、いくつもの壁を乗り越えることが不可欠。ライバルが少なく、かつ需要のあるジャンルを研究するなど工夫も大切です。「すぐに結果は出ない」と覚悟し、根気強く継続していきましょう。

以上、YouTubeが稼げないといわれる5つの理由を紹介しました。

YouTubeが稼げないといわれる理由
  • 参入者が多く、年々競争が激化している
  • 収益化条件を達成するのが難しい
  • 収入が安定しない
  • 結果が出るまで時間がかかる
  • 動画投稿には膨大な時間と労力が必要

YouTubeは大きく稼げる夢がある一方、ライバルが多く、収益化までに時間がかかるデメリットがあります。

最短期間で収益化を狙うならライブ配信アプリがおすすめ。「Pococha」「17ライブ」「ビゴライブ」ならユーザー数も多く、初心者でも集客しやすいメリットがあります。

グローバルな配信アプリ「17ライブ

YouTubeより収益化のハードルも低いため、はじめての方にもおすすめです。次の章で「最短期間で収益化したいならライブ配信アプリがおすすめ」を解説します。ぜひこのまま読み進めてください。

最短期間で収益化したいならライブ配信アプリがおすすめ

最短期間で収益化したいなら、ライブ配信アプリがおすすめです。

ライブ配信アプリが稼ぎやすい理由は以下の3つです。

ライブ配信アプリが稼ぎやすい3つの理由
  • スマホ1台で気軽に配信を始められるから
  • 知名度ゼロの初心者でも集客しやすいから
  • 投げ銭による収益化の仕組みがあるから

ライブ配信アプリが稼ぎやすい最大の理由は、スマホ1台で気軽に配信できるからです。「Pococha」や「17ライブ」「ビゴライブ」といったアプリなら特別な機材は必要ありません。

Pocochaの豊富な機能

アプリ自体にさまざまな機能が実装されており、配信環境が整っています。

ライブ配信アプリに実装されている主な機能
  • ライブ配信機能
  • ゲーム配信機能
  • カラオケ機能
  • 画像のフィルター機能
  • ラジオ配信機能(顔出し無しの配信も可)

アプリの豊富な機能があれば、PCやカメラは不要です。バッチリ盛れる画像フィルター機能や、配信を盛り上げるカラオケ機能などが無料で利用できます。アプリによってはゲーム配信機能も搭載されています。

配信スタイルに合わせて自由にアプリを選んでみてください。

豊富な機能を備えたビゴライブ

ライブ配信は生配信のため編集が必要ないこともメリット。思い立ったらすぐ配信できるため、今まで動画編集にかかっていた時間を短縮できます。「効率よく収益化したい方」「本業や家事育児で忙しい方」にはとくにおすすめです。

YouTubeで再生回数や登録者数が伸びないと悩んでいる方にも、ライブ配信アプリがおすすめです。「Pococha」や「17ライブ」「ビゴライブ」なら、知名度ゼロの初心者でも集客できる仕組みがあります。

ライブ配信アプリの多くは「新人専用の配信タグ」があり、新人ライバーのアイコンがアプリの目立つ場所に表示されます。「新人推し」のリスナーが多いことも、ライブ配信アプリの特徴です。

Pococha」の新人ライバーカテゴリ

集客しやすさに重点をおくならグローバル展開しているアプリがおすすめです。「ビゴライブ」や「17ライブ」なら24時間いつでも世界中のリスナーとつながれます。

たとえば「ビゴライブ」は4億人が世界中から配信を視聴しています。「語学が得意」「海外ユーザーと交流したい」という方なら、グローバルな配信アプリをチェックしてみてください。

ビゴライブ」は全世界4億人ユーザーを誇る世界的人気アプリ

ライブ配信アプリが集客しやすい理由はほかにもあります。利用者が年々増加していることです。調査によるとライブ配信アプリの利用者は2年で2倍以上になっています(2021年9月時点)。生配信への需要は高まる一方。つまり、配信者として新規参入するには絶好の環境です。

ライブ配信アプリの利用者は2年で2倍以上に増加

引用:日経電子版

世界中で利用者が増加しているライブ配信アプリ。YouTubeでなかなか視聴者数が伸びないと悩んでいるなら、ライブ配信アプリを試してみてくださいね。

収益化のしやすさでも、ライブ配信アプリは優秀です。投げ銭で収益化できる仕組みがあるからです。投げ銭とはYouTubeでいう「スパチャ」のようなデジタルギフトを指します。多くのアプリでは投げ銭が主な収入源です。

17LIVEのギフト(投げ銭)

※1ベイビーコイン=約0.3円

YouTubeとの一番の違いは「収益化条件が設けられていないこと」です。大手ライブ配信アプリのほとんどは収益化の条件がないため、投げ銭を受け取ればすぐ収入を得られます。

配信で受け取った投げ銭は一定割合が運営側に差し引かれ、残りが配信者の収入になります。リスナーの課金額に対する配信者の取り分を「還元率」といいます。ライブ配信アプリの平均的な還元率は20~30%ほどです。

主なアプリの還元率

アプリ名投げ銭の還元率
17ライブ15~30%
IRIAM15~30%
ビゴライブ20~30%
Spoon40%
※各社の還元率は公表されていないため、ライバーの口コミ等で得た情報から還元率を提示

スパチャに比べると還元率が低いため「本当に稼げるのかな」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。集客力のあるライブ配信アプリなら大きく稼ぐことも可能です。実際「Pococha」「17ライブ」「ビゴライブ」のトップライバーたちは月収100万円以上を稼いでいます。

Pocochaのアイテム(投げ銭)

多くのアプリでは投げ銭がコミュニケーション手段のひとつ。1個あたりの価格も低めに設定されています。投げ銭が数円単位から利用できるアプリもあるほどです。

さらにライバー同士が競い合うランキングイベントなども頻繁に開催されており、投げ銭を受け取りやすい環境があります。

ライブ配信アプリの収入源は投げ銭だけではありません。たとえば「Pococha」には配信時間に応じた時給のような制度があります。投げ銭プラス配信時間に応じた報酬が受け取れるため、投げ銭が少ない初心者の時期でも稼ぎやすい仕組みになっているのです。

以上のように、ライブ配信アプリは「配信環境」「集客」「収入」の3つの点で初心者に優しい仕組みがあります。最短期間で収益化したい方なら断然ライブ配信アプリがおすすめです。次の章で「おすすめのライブ配信アプリ」を詳しく紹介します。このまま読み進めてくださいね。

ライブ配信アプリが稼ぎやすい3つの理由
  • スマホ1台で気軽に配信を始められる
  • 知名度ゼロの初心者でも集客しやすい
  • 投げ銭による収益化の仕組みがある

引き続き「稼ぎやすいライブ配信アプリ5選」を紹介します。

稼ぎやすいライブ配信アプリ5選

ここからは「稼ぎやすいライブ配信アプリ」を5つ紹介します。YouTubeより稼ぎやすいプラットフォームを探している方、スキマ時間を活用したい方にぴったりのアプリばかりです。

知名度がない初心者でも集客しやすいよう、ユーザー数が多い人気アプリを厳選しました。種類が多すぎて選べないという方は、紹介する5つのアプリから選ぶと間違いありません。

当サイトがおすすめする「稼ぎやすいライブ配信アプリ」は以下の5つです。

稼ぎやすいライブ配信アプリ5選

1つずつ詳しく解説します。

Pococha

Pococha(ポコチャ)は株式会社ディー・エヌ・エーが運営するライブ配信アプリです。ダウンロード数は255万以上。国内発のアプリとしてトップクラスの人気を誇ります。

Pocochaならスマホ1台で生配信が可能です。PCやカメラなどの特別な機材は必要ありません。顔出し配信はもちろん、声だけのラジオ配信やカラオケ配信など、多様な機能が実装されています。

1万曲以上の楽曲が利用できるPocochaのカラオケ配信

Pocochaで稼げる収入源は大きく2種類です。

Pocochaで受け取れる2つの報酬
  • 盛り上がりダイヤ
  • 時間ダイヤ

「盛り上がりダイヤ」とは配信の盛り上がり度を数値化したもので、アイテム(投げ銭)や視聴者数などに応じて計算されます。LINEスタンプのように楽しめるPocochaのアイテムは配信を盛り上げる要素もあり、リスナーにも好評です。

Pocochaのアイテム(投げ銭)

「時間ダイヤ」とは時給のような制度です。配信時間に応じて、ランクごとの「時間ダイヤ」が支払われます。トップライバーになれば1時間の配信で1万円以上、月収で100万円以上を受け取れる計算です。

ランク別時間ダイヤ一覧(上限時間あり)

引用:Pococha公式

Pocochaで人気を得られれば、大きく稼げることがわかります。「投げ銭+時間報酬」が受け取れるアプリはほとんどありません。報酬体系の手厚さが多くのライバーに支持されている理由です。

集客しやすさにも定評があります。Pocochaはアプリのトップ画面に新人カテゴリが表示されるからです。リスナーに見つけてもらいやすいため、固定ファンの獲得に有利です。集客しやすさに重点を置くならPocochaを試してみてください。

Pocochaの新人ライバーカテゴリ

Pocochaにはライバー向けのイベントが豊富に開催されています。イベントとはライバーがアイテム(投げ銭)や人気度を競うランキングのことです。イベントを通じ、無名の一般人がインフルエンサーに駆け上がれるのもPocochaの魅力です。

Pocochaと有名雑誌の企画【Pocochaライバー meets『姉ageha』】イベント

国内で圧倒的人気を誇るPococha。「投げ銭+時間報酬」によって「稼ぎやすい仕組み」があります。イベントやカテゴリ分けにより、初心者が活躍しやすいのも魅力です。稼ぎやすさ、集客しやすさを重視するならPocochaがおすすめです。

  • 初心者からでも有名になる仕掛けがたくさん!
  • ライブ配信アプリでは珍しい「時給制」を導入
  • あなたの「得意」なことが「武器」になる
  • コロナ渦において、リスナー数が拡大中!今が大チャンス

ビゴライブ

シンガポール発のBIGOLIVE(ビゴライブ)はユーザー数4億人以上。150の国と地域で利用されている国際色豊かなライブ配信アプリです。ライブ配信アプリのなかでも知名度、ユーザー数は圧倒的。海外向けに発信したい方やインフルエンサーとして飛躍したい方に最適です。

世界的人気アプリ「ビゴライブ

ビゴライブの主な収入はギフトと呼ばれる投げ銭です。ギフトの還元率は公表されていませんが、ライバーたちの口コミによると約20~30%。1万円分のギフトを受け取ったら、ライバーの収入は2,000円~3,000円です。収益化条件は無いため、配信で受け取ったギフトはすぐ収益化できます。

ビゴライブの豪華なギフト

ビゴライブの「公式ライバー」になれば、ギフトの還元以外に時給を受け取れます。

公式ライバーになる方法は「ライバー事務所」に所属することです。ライバー事務所とはライバーをマネージメントし、育成する事務所のこと。芸能人やモデルが所属する芸能事務所と同じイメージです。

公式ライバーの時給は1,000円~4,000円です。時給は事務所によって異なりますが、初心者でも1,000円前後を受け取れる場合が多く、安定した収入源になります。ビゴライブで収入アップを目指すなら、事務所所属の公式ライバーがおすすめです。

ビゴライブは顔出しの雑談配信がメインですが、最近じわりじわり人気を得ているのが「ゲーム実況配信」です。ゲーム実況配信の需要が世界中で拡大していることが理由です。

ビゴライブで人気のゲームタイトル

ビゴライブで配信できるのはPCゲームからスマホゲームまでさまざまです。4億人ユーザーを誇るビゴライブ。世界中のゲーム実況ファンに視聴されるチャンスがあります。

4,500人以上がリアルタイムで視聴する人気ゲーム配信者

ライバルが多いビゴライブで集客を狙うなら、海外ユーザーをターゲットにしたゲーム配信がおすすめです。

ビゴライブではライバー向けの豪華イベントが毎月数十回開催されています。イベントとは投げ銭を競い合うランキングのことです。イベントに入賞すると広告出演権や有名雑誌掲載権などを獲得できます。

ビゴライブのイベント

イベントに参加すれば、ビゴライブ内の知名度もグッと上げられます。有名になりたい方や早く収入を上げたい方はビゴライブの豪華イベントも注目ですよ。

ビゴライブで開催されるライバー向けのイベント

圧倒的ユーザー数と知名度を誇るビゴライブ。ビゴライブで知名度が上がればインフルエンサーとして飛躍することも夢ではありません。

海外ユーザー向けに配信している日本人は少ないため、語学力を活かしたい方にもおすすめ。ゲーム実況配信に興味がある方にもぴったりです。

「どうせなら有名なアプリではじめたい」「収入をしっかり稼ぎたい」とお考えなら、グローバルな配信アプリ「ビゴライブ」を試してみてください。

\海外リスナーはチップを沢山送ってくれる!/

BIGOLIVE無料ダウンロード

17ライブ

17ライブは世界6拠点、238地域に展開しているグローバルアプリ。ユーザー数は5,000万人を突破し、国内でもトップクラスの人気です。美女&イケメンライバーや芸能人ライバーが多いことでも知られています。オリジナリティを発揮したい方、有名人へ駆け上がりたい方におすすめのアプリです。

17ライブで配信している有名芸能人たち

圧倒的人気を誇る17ライブ。稼ぎやすさでも群を抜いています。トップライバーの月収は300万円以上。ギフトと呼ばれる投げ銭が主な収入源です。ギフトの還元率は15%~30%ほど。1万円分のギフトを受け取れば約1,500円~3,000円がライバーの収入になります。

17LIVEのギフト

※1ベイビーコイン=約0.3円

ライバー向けの豪華イベントも多数開催されています。イベントに入賞すれば初心者でも知名度を上げられます。インフルエンサーとして活躍したい方は17ライブがおすすめです。

17ライブのライバー向け豪華イベント

17ライブの主流は顔出しの雑談配信や音楽配信です。雑談配信なら特別なスキルや機材は不要。スマホがあれば24時間いつでも配信をはじめられます。歌唱力や楽器演奏に自信があるなら、音楽系配信で勝負してみましょう。

顔出しに抵抗がある方は「Vライバー配信」や「ゲーム実況」がおすすめです。「Vライバー配信」や「ゲーム実況」の需要は年々拡大しており、17ライブでも人気ジャンルになりつつあります。

17ライブ公式サイトでもVライバーオーディションが開催されるほどの盛り上がりです。

17ライブ公式Vライバーオーディション

10万人以上のフォロワーを抱える人気Vライバーも存在し、注目度の高さがうかがえます。V系配信に興味があるなら17ライブが狙い目ですよ。

フォロワー数16万人を超える17ライブVライバー「むらゆき」さん

ゲーム実況配信に興味がある方にも17ライブはおすすめです。PCゲームはもちろん、スマホ画面を直接配信する「ミラーリング配信」にも対応しているため、気軽にゲーム配信をはじめられます。17ライブでゲーム実況をしているライバーはまだ少数派のため、差別化できることも利点です。

17ライブでライバーとして活躍するには、他のライバーとの差別化がポイント。17ライブで有名になれば、インフルエンサーとして大きく稼ぐことも可能です。とくにV系配信やゲーム実況に興味がある方は17ライブをチェックしてみてください。

\有名になれるチャンスは目の前に/

17LIVE無料ダウンロード

Spoon

Spoon(スプーン)は韓国発の「音声配信アプリ」です。ダウンロード数は全世界で3,000万を突破。毎月150万以上の豊富な配信が行われています。一番の特徴は「声だけの配信に特化していること」。顔出ししたくない方、声の魅力を発信したい方に最適です。

Spoonは稼ぎやすさにも定評があります。SpoonトップDJ(配信者)の月収は100万円以上。顔出し無しの配信アプリではトップクラスです。

Spoonの収入源は主に「スプーン」と呼ばれる投げ銭です。還元率は公表されていませんが、配信者からの口コミによると約40%。1万円分の「スプーン」を受け取った場合、配信者の収入は4,000円ほどになります。Spoonの還元率は業界水準より高く、稼ぎやすい理由のひとつです。

Spoonの投げ銭「スプーン」

※1スプーン=約12円

Spoonでは配信者向けのさまざまなイベントも開催されています。イベントに参加すれば、リスナーからの認知度を上げられます。入賞すれば、広告掲載などを通じて知名度を上げることも可能です。Spoonで配信するならイベントもチェックしてください。

Spoonのイベント例

ひとことで音声配信といっても、Spoonの配信ジャンルはさまざまです。雑談からセリフ朗読、ASMRや弾き語りなど、特技を活かした配信が可能です。

Spoonの多様な配信ジャンル
  • 日常
  • 悩み/相談
  • 勉強
  • 寝落ち
  • 恋バナ
  • 声優/セリフ
  • 本/朗読
  • ASMR
  • おしゃべり
  • 生活音
  • 弾き語り/歌
  • 好きなこと
  • 凸待ち
  • おもしろ
  • ゲーム/アニメ
  • 企画/記念

Spoonには生配信以外にも「CAST(キャスト)」と呼ばれる音声投稿機能があります。「CAST」とは、あらかじめ録音した音源を投稿する機能です。

「歌ってみた」や「セリフ朗読」といった音声をCASTに投稿しておけばファン獲得につながることも。「CAST」にも投げ銭機能が搭載されているため、生配信プラスアルファの収入源にもなります。

Spoonの音声投稿機能「CAST(キャスト)」

音声に特化した配信アプリ「Spoon」。顔出ししないで収入を得られるため、会社員の副業にも最適です。

リスナーとの交流を大切にすれば、着実に固定ファンを増やしていけますよ。配信ジャンルがたくさんありすぎて迷う方は、まず「雑談」からはじめてみてください。

\あなたの声がお金になる!/

Spoon無料ダウンロード

IRIAM

IRIAM(イリアム)は株式会社DeNAが運営するV系配信アプリです。ダウンロード数は約33万。毎日400以上の配信が行われており、V配信系のアプリではトップクラスの人気を誇ります。アバターを使ったV系配信に興味がある方に最適です。

IRIAMはアバター配信のため、顔出しは一切不要。同僚や友達にバレることなく、配信できるのも魅力です。

一般的なV配信の場合、特殊な機材やPCが必要ですが、IRIAMではスマホと1枚のイラストを準備するだけ。イラストをアプリに読み込ませれば、Vキャラ配信の設定は完了。アプリに取り込んだイラストが、ライバーの動きに連動します。お気に入りのオリジナルイラストを準備し、気軽にバーチャルライバーとしてデビューできますよ。

IRIAMのV配信イメージ(笑顔やまばたきも連動する)

引用:IRIAM公式

IRIAMの主な収入源はギフトと呼ばれる投げ銭です。さらにライバーの配信ランクを上げることで、配信時間に応じた報酬が受け取れます。つまり、ギフトと時間報酬の2つの収入源が特徴です。

IRIAMのギフト(投げ銭)

具体的には、ギフトを含むライブの盛り上がりが総合的に反映される「応援ダイヤ」と配信時間に応じた時給のような収入「時間ダイヤ」があります。集めたダイヤを「1ダイヤ=1円」で換金すればライバーの収入になる仕組みです。

コミュニティランクと時給ダイヤ(1日の上限:2時間まで、1ヶ月の上限:40時間まで)

引用:IRIAM公式

時間ダイヤが受け取れるのは「Bランク以上」のライバーのみですが、最高ランクのライバーは1時間の配信で約2,300円を受け取れます。一般的なアルバイトよりかなり高い水準です。

コメントで盛り上がるIRIAMのライブ配信

IRIAMではライバー向けのさまざまなイベントを開催しています。広告掲載や有名雑誌掲載など内容も豪華です。

イベント参加はリスナーからの応援をもらいやすく、入賞すれば知名度を上げるチャンスになります。IRIAMで配信するなら、イベントを積極的に活用しましょう。

IRIAM開催イベント【IRIAM × コンプティーク】

IRIAMはスマホとイラスト1枚で気軽にV配信ができるアプリです。ライバーとして一定の条件を満たせば収益化も可能。収入は「時間ダイヤ」と「応援ダイヤ」の2つから得られます。顔バレせずに、しっかり収益化したい方は、IRIAMをチェックしてみてくださいね。

  • 国内V系配信アプリNo.1!
  • 有名になれるチャンスが沢山あり!
  • 毎日配信で、月1万円〜5万円!
  • 急成長、リスナー数拡大中!この波に乗り遅れないで!

以上当サイトがおすすめする「稼ぎやすいライブ配信アプリ5選」を紹介しました。

稼ぎやすいライブ配信アプリ5選

まとめ

YouTubeが稼げないといわれる理由は以下の5つありました。

YouTubeが稼げないといわれる理由
  • 参入者が多く、年々競争が激化している
  • 収益化条件を達成するのが難しい
  • 収入が安定しない
  • 結果が出るまで時間がかかる
  • 動画投稿には膨大な時間と労力が必要

結論、最短期間で収益化したいならライブ配信アプリがおすすめです。

稼ぎやすいライブ配信アプリは以下の5つです。

稼ぎやすいライブ配信アプリ5選

この記事が少しでも参考になれば幸いです。