Youtube1億回再生の収入はいくらくらい?トップYoutuberの収入事情を解説

「再生回数1億回のYouTuberっていくら稼いでるんだろう…?」
「再生回数1億回超えてるYouTuberってどんな人かな?」
「YouTubeって安定して稼げるんだろうか…」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

世界中で利用されている動画配信プラットフォーム・YouTubeには総再生回数1億回超えしているYouTuberが国内外問わずたくさんいます。上位にランクインしているYouTuberの中には総再生回数100億回以上・登録者数1,000万人以上など雲の上のような存在の人も珍しくありません。

この記事では、YouTube1億回再生の収入目安や1再生あたりの収入・再生回数や広告収益をアップさせるコツを解説しました。

結論から言うと、

YouTubeでのライブ配信で稼ぎたいとお考えの方はビゴライブで配信することも検討してみてください。

YouTube1億回再生の収入は?|再生回数トップランキングも紹介

1回あたりの広告単価が0.1円という計算をした場合、YouTube1億回再生の収入目安は1,000万円といえます。ただし、実際の広告単価は動画によってピンキリです。0.05円~0.7円程度の幅があるといわれています。

総再生回数と推定広告単価をもとに、当サイトがはじき出した収入目安は次のとおりです。

再生単価別の収入目安

総再生回数推定広告単価収入目安/再生回数あたり
5,000回0.05円1万円未満
1万回0.1円5万円未満
5万回0.15円~10万円~
10万回0.2円~数十万~100万円程度
1億回0.3円~1,000万円~

どんな人が再生回数1億回を突破しているのか、再生回数トップランキングをご紹介します。

まずご紹介するのは国内YouTuberのランキングです。

国内YouTuber総再生回数ランキング

ランキングYouTuber総再生回数配信ジャンル
1位Fischer’s-フィッシャーズ-140億回以上コメディ
2位東海オンエア110億回以上コメディ
3位Sagawa /さがわ110億回以上コメディ
4位キッズライン♡Kids Line107億回以上キッズ向けバラエティ
5位Junya.じゅんや102億回以上コメディ
引用:UserLocal YouTubeランキング

日本国内のYouTuberランキングで1位に輝いたのは「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんのチャンネルです。

「Fischer’s-フィッシャーズ-」さんは男性6名で結成されており、全員が中学の同級生という珍しいグループです。アスレチック動画やドッキリ系・心霊系など、大人から子どもまで親しみやすいカテゴリの動画をたくさん配信しています。

チャンネル登録者数も2022年9月時点で767万人と日本国内ではトップクラスです。近年Fischer’s-フィッシャーズ-さんの活躍はさまざまなところで認められており、現在は地元葛飾区の観光大使を務めるほど。

ほぼ毎日動画が更新されているので、気になる人はぜひこちらからチェックしてみてくださいね。

次に海外YouTuberのランキングをご紹介します。

海外YouTuber総再生回数ランキング

ランキングYouTuber総再生回数国名配信ジャンル
1位T-Series1345億回以上インド音楽・映画
2位Cocomelon – Nursery Rhymes857億回以上アメリカキッズ向け
3位SET India724億回以上インドエンタメ
4位WWE716億回以上アメリカプロレス
5位Like Nastya Vlog476億回以上ロシアキッズ向け
引用:MTEAM

世界ランキングで1位に輝いたのはインドのレコード・映画製作会社「T-Series」のチャンネルです。

インド国内で人気のポップスや映画のフルサイズ動画を数多く配信しています。チャンネル登録者数も2022年9月時点で2.26億人と日本の人口の約2倍です。まさにビッグスケールのチャンネルといえますね。

日本の人気YouTuberのジャンルがコメディ系に偏っているのに対し、海外のランキングはジャンルがさまざまなことが特徴です。

アメリカだけでなくインドやロシアなどもランクインしていることから、YouTubeのユーザーが世界中に存在していることがわかります。

1億回以上再生されるようなYouTuberになれば、日本だけでなく海外のユーザーにあなたの動画を視聴してもらえるかもしれません。動画配信で大きな成功を収めたいと思っている人、世界にビジネスチャンスを求めている人ぜひYouTubeにチャレンジしてみてください。

ただし、YouTubeの収益化には登録者数1,000人以上・1年間の総再生時間4,000時間以上という条件があります。一般人がYouTubeに新規参入する場合、収益化条件達成までに1年以上かかることも珍しくありません。

もし最短期間で収益化したいならライブ配信アプリの活用をおすすめします。

ライブ配信アプリなら収益化条件がないため、投げ銭をプレゼントしてくれるリスナーがいれば即収入を得られます。

例えば「Pococha」の場合、配信時間に応じてもらえる報酬に加えてライブ配信が盛り上がった際のボーナス報酬もゲットできます。頑張った分報酬に反映されるのでやりがいもひとしおですね。

動画で安定した収入を稼ぎたいなら、ライブ配信アプリもぜひ検討してください。

以上「1億回再生を超えるYouTuberたちの収入」について、ランキングと共に紹介しました。

次の章では「1再生あたりの収入目安と広告収益の仕組み」について解説します。

1再生あたりの収入はいくら?|再生回数と広告収益の仕組みを詳しく解説

YouTube1再生あたりの収入は0.1円が目安といわれていますが、実際はピンキリです。

なぜなら、動画の広告収入はチャンネルやジャンル・配信されるタイミングによって大きく違うからです。

参考までに、HIKAKINさんやはじめしゃちょーが所属する事務所・UUUMの1再生あたりの収益額をご紹介します。

引用:ユーチュラ

上の折れ線グラフを見ると、1再生あたりの収益額は0.147円〜0.341円と、時期によって変動していることがわかります。

YouTubeの収益額、つまり広告収入を決める要素は次の5つです。

YouTubeの広告収入を決める要素
  • ジャンル
  • 広告数
  • 時期
  • 配信エリア
  • 広告の視聴率・クリック率

YouTubeの広告収入は、企業が宣伝効果アリと考えるジャンルほど高くなります。

例えばゲーム実況のジャンルの場合、ゲームソフトやアプリの広告をクリックする確率が高いと考えられるでしょう。人気のあるなしだけでなく、広告費用のコスパが高いかどうかもポイントです。

1再生あたりに表示される広告数の多さでも収入は変わってきます。表示される広告数に比例して配信者に入ってくる広告収入も増える仕組みです。

広告収入は時期によっても違います。3月の年度末や12月の年末などの決算時期は広告が増えやすいタイミングです。広告量が一時的に増えた後は反動で減る傾向にあるため、1月や4月などは広告収入が若干減ることも覚えておいてください。

配信エリアも広告収入を決める重要な要素です。

国民一人あたりの所得が比較的高いエリア、つまり先進国の方が広告収入はアップする傾向にあります。消費者の使えるお金が多ければ企業も広告費用を投じる効果が高いと判断するためです。

広告の視聴率やクリック率は広告収入の決め手といえます。チャンネル登録者数や総再生回数が多いトップクラスのYouTuberは広告の視聴率も高いです。

UUUMの収益が一般的な目安とされる0.1円より大幅に高いのは当然といえますね。

広告収入を増やしたいなら、登録者数や再生回数を効率良くアップさせるのが成功への近道です。

YouTubeの広告収入は、企業がYouTubeに広告費用(出稿料)を支払った後で配信者に分配される仕組みです。企業の広告費用をYouTubeと広告が表示されている配信者で分け合う形になります。

ただし、動画を配信すれば必ず広告収入が得られるわけではありません。広告収入を得るにはYouTubeの収益化条件を達成している必要があります。

YouTubeの収益化条件は次の3つです。

YouTubeの収益化条件
  • チャンネル登録者数1,000人以上
  • 1年間の総再生回数4,000時間以上
  • ガイドラインの遵守

チャンネル登録者数1,000人以上・1年間の総再生回数4,000時間以上の条件をクリアするとGoogleアドセンスの審査が入ります。ガイドラインを遵守していると判断された配信者のみ、広告収入の受け取りが可能です。

なお、広告収入が受け取り可能になっても即収益が振り込まれるわけではありません。

日本の場合、収益の合計が8,000円以上にならないと広告収入が支払われないルールになっています。

月末の時点で収益の合計が8,000円以上であれば21日後に登録した口座に広告収入が振り込まれます。

広告収入が振り込まれるまでにかかる期間は人それぞれです。数ヶ月で達成できる人もいれば1年以上かかる人もいます。効率良く収益をアップさせたい人は次の章「YouTube再生回数と広告収益をアップさせる4つのコツ」をこのまま読み進めてくださいね。

広告収入が振り込まれるまでそんなに長い期間待てない人は、ライブ配信アプリを活用してみてはいかがでしょうか。

ライブ配信アプリには「Pococha」「17ライブ」「ビゴライブ」など人気アプリがたくさんあります。アプリをダウンロードして会員登録すればすぐ配信が始められるのでお手軽です。

収益化条件もなく、登録してすぐの頃は新人向けのイベントにも参加できるため、集客できるシステムも整っています。

新人イベントで上位にランクインすれば多くの人の目に留まるチャンスが増えるため、人気ライバーへの道が開けますよ。動画配信で稼ぎたいならライブ配信アプリを検討してみてくださいね。

以上「1再生あたりの収入目安と広告収益の仕組み」について解説しました

引き続き「YouTube再生回数と広告収益をアップさせる4つのコツ」について解説します。

YouTube再生回数と広告収益をアップさせる4つのコツ

ここからは「YouTube再生回数と広告収益をアップさせるコツ」について解説します。

YouTube再生回数と広告収益をアップさせるコツは以下の4つです。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ
  • 需要の高いジャンルで投稿する
  • 広告単価の高いジャンルを狙う
  • 魅力的なサムネとタイトルをつける
  • 他のYouTuberとコラボする

それぞれ詳しく解説していきます。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ1つ目は、需要の高いジャンルで投稿することです。

需要のないジャンル、つまりファンが少ないジャンルで配信しても再生回数は伸びません。

100名しかファンがいないジャンルで1億回再生を狙うのは非常に難しいでしょう。

再生回数をたくさん稼ぎたいなら人気のあるジャンルを選ぶことが大切です。特に1億回再生を狙うとなると、需要が確実にあり、人気となるジャンルを選ぶことが大切になってきます。

逆の言い方をすると、「柔道」や「たこ焼き系の動画」などのニッチなジャンルでは1億回再生を達成できる確率は低いといえるでしょう。「野球」や「大阪グルメ」などのジャンルを狙ったほうが確率は高くなります。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ2つ目は、広告単価の高いジャンルを狙うことです。

広告単価が高いジャンルとは、商品単価が高い・ターゲットの年齢層が比較的高いものです。商品単価が高ければ消費者の使うお金も自然に多くなります。年齢層が高ければ所得もその分高い傾向にあるため、消費者にお金を使ってもらいやすいです。

広告単価が高いとされている代表的なジャンルをご紹介します。

広告単価が高い代表的なジャンル
  • ゲーム配信
  • 投資
  • 語学
  • エステ
  • ビジネス

配信ジャンルを迷っているなら上記のから選ぶのも選択肢の1つですよ。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ3つ目は、魅力的なサムネとタイトルをつけることです。

ユーザーはサムネとタイトルを見て動画を視聴するか判断します。

一目見て動画の内容が思い浮かぶようなサムネとタイトルにするのが成功の秘訣です。サムネやタイトルのテイストを揃えることでチャンネルに統一感が生まれるため、ユーザーに印象づけやすくなります。

事実、サムネとタイトルを工夫して再生回数が伸びたYouTuberは多いです。

再生回数が伸びたYouTuberの口コミ

そういえば最近過去の動画のサムネイルとタイトルを変更して再生回数とクリック率の比較をしてるんですけど、それだけで1日あたりの再生回数2倍になったりするのでやっぱYouTubeってタイトルとサムネが死ぬほど重要みたいです

引用:Twitter

クライアント様のYouTube、サムネの雰囲気を変更したら再生回数とチャンネル登録者の伸び率が増えた。やはりサムネの影響力は大きいですね。ただサムネのコツを口頭や文章で伝えてもなかなかニュアンスまで伝わらないので、スマホでサムネを作る実演みたいなのをどこかでやりたい。

引用:Twitter

再生回数が伸びないと悩んでいるなら、サムネとタイトルにテコ入れしてみてください。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ4つ目は、他のYouTuberとコラボすることです。

人脈がないと難しいかもしれませんが、既にファンがたくさんいるYouTuberとコラボすれば一気に集客アップが見込めます。他のYouTuberのファンがあなたのチャンネルへ流入してくれる可能性が高くなるからです。

同じジャンルで配信しているYouTuberと仲良くなれたら、コラボ配信を企画するのも有効ですよ。

トップレベルのYouTuber並みに再生回数を伸ばすのは時間がかかります。今ご紹介したことを意識して、クオリティの高い動画の配信をコツコツ続けてくださいね。

動画配信で早く結果を出したいならライブ配信アプリがおすすめです。

ライブ配信なら動画作成の手間が省けます。サムネやタイトルにこだわる必要もないため、機材や動画編集のスキルを身につけなくても気軽にチャレンジ可能です。

また、YouTubeには芸能人や人気YouTuberがたくさん参入しており、無名の一般人が競争するには厳しい世界です。

イベントなどの集客しやすい仕組みがあるライブ配信アプリの方が、動画配信初心者には向いているといえるでしょう。

ライブ配信アプリが気になる人は次の章「最短期間で収益化したいなら’ライブ配信アプリ’」をぜひ参考にしてください。アプリをダウンロードするところから始めてみるといいですよ。

以上「YouTube再生回数と広告収益をアップさせるコツ」について解説しました。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ
  • 需要の高いジャンルで投稿する
  • 広告単価の高いジャンルを狙う
  • 魅力的なサムネとタイトルを付ける
  • 他のYouTuberとコラボする

引き続き「最短期間で収益化したいならライブ配信アプリがおすすめ」について解説します。

まとめ 

いかがだったでしょうか。

最後にこの記事をまとめていきます。

1回あたりの広告単価が0.1円という計算をした場合、YouTube1億回再生の収入目安は1,000万円といえました。

ただし、実際には動画により広告単価や収益はピンキリです。

再生単価別の収入目安

総再生回数推定広告単価収入目安
5,000回0.05円1万円未満
1万回0.1円5万円未満
5万回0.15円~10万円~
10万回0.2円~数十万~100万円程度
1億回0.3円~1,000万円~

再生回数と広告収益をアップさせるコツは4つありましたね。

再生回数と広告収益をアップさせるコツ
  • 需要の高いジャンルで投稿する
  • 広告単価の高いジャンルを狙う
  • 魅力的なサムネとタイトルを付ける
  • 他のYouTuberとコラボする

最短期間で収益化したいならライブ配信アプリがおすすめでした。

稼ぎやすいライブ配信アプリは次のとおりです。

この記事が少しでも参考になれば幸いです。