高校生でもWebライターとしてお金を稼げる!Webライターをする4つのメリット

  • 「高校生でもWebライターとしてお金を稼げるの?」
  • 「Webライターでお金を稼いでみたいけど、何から始めれば良いの?」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

結論からいうと、高校生でもWebライターとしてお金を稼ぐことができます。

昨今、クラウドソーシングサイト(仕事のやりとりをするサイト)の発達により、企業に営業をしなくてもライティングの仕事を獲得できる世の中になりました。高校生といえども、クラウドソーシングサイトに登録し、案件に応募することでWebライターとしてお金を稼ぐことができます。

Webライターの仕事は、1文字◯円といった文字単価での契約が一般的です。例えば1文字1円・7,000文字の記事作成を月5記事こなせば、35,000円を稼ぐことができます。

この記事では高校生の皆さん向けに、Webライティングにまつわるあれこれを詳しく解説しました。

この記事を読めば分かること
  • 高校生がWebライティングをする4つのメリット
  • Webライティングのお仕事をするのがおすすめな人
  • 高校生がWebライターで稼ぐための3ステップ
  • 高校生でも登録できるソーシングサイト3個
  • Webライターとして仕事をする際の5つの注意点

この記事を読めば、Webライターとして仕事をするためのノウハウを獲得できます。すぐ実践すれば、今からWebライターとして仕事をすることができますよ。ぜひ最後までご覧ください。

高校生がWebライターをする4つのメリット

それではまず、高校生がWebライターをする4つのメリットから紹介していきます。

高校生がWebライターをするメリットは次の4つです。

高校生がWebライターをする4つのメリット
  • 時間や場所にとらわれずお金を稼げる
  • 考える力 / 文章力が鍛えられる
  • 将来の選択肢が広がる
  • 社会人として自己管理能力が身につく

メリットを1つずつ具体的に解説していきます。

メリット1:時間や場所にとらわれずお金を稼げる

高校生がWebライターをする1つ目のメリットは、「時間や場所にとらわれずお金を稼げる」ことです。

Webライターの仕事は、文章を作ることです。そのためパソコン1台でいつでもどこでも作業ができ、場所や時間の制限はありません。自分の好きな時間・場所で仕事ができます。放課後や土日などのまとまった時間だけでなく、通学中の電車や勉強の合間のちょっとしたスキマ時間にも作業ができます。

クラウドソーシングサイト(オンライン上で仕事の受発注をするサイト)を利用すれば、ライティング仕事の受注(仕事をもらうこと)から給料の振込まで、全てパソコン1台で完了します。企業や団体とのコミュニケーションもオンラインでのやり取りが基本です。

パソコン1台あれば、時間や場所にとらわれずに仕事ができ、お金を稼げるのが、Webライティングの仕事です。

メリット2:考える力 / 文章力が鍛えられる

高校生がWebライターをする2つ目のメリットは、「考える力/文章力が鍛えられる」ことです。

Webライターとして経験を積むことで、考える力や文章力が身につき学業にも生かすことができます。Webライターを通じて身につくスキルは、大きく分けて次の2つです。

Webライターを通して身につくスキル
  • 情報収集スキル
  • 文章スキル(ドキュメントスキル)

Webライターとして文章を作るためには、情報収集が必要です。根拠のある情報を検索する能力・分散している情報を集約する能力・データから結論を導き出す能力など、ライティングを通して情報を取捨選択し、正しい情報を選び抜く、情報収集スキルが身につきます。

また魅力的でわかりやすく説得力のある文章を書くには、高い文章力が必要です。何から伝えるか・どの言葉で伝えるとわかりやすいか・どの比喩表現が適切かなど、文章の伝え方・見せ方をWebライティングの仕事を通じて身につけることができます。

「どの言葉で文章を執筆しよう?」と考える中で、必然的に思考力も身につきます。読書感想文・小論文・自由記述問題などでも文章力が求められることから、学業にも大いにプラスになるでしょう。

ライティングと聞くと、”ただ文章を執筆するだけ”と考えている方も多いかもしれませんが、実はライティングは奥深く、社会人として必須である情報収集スキルや文章力(ドキュメントスキル)を手に入れられる仕事なのです。ライティング経験からこのようなスキルを身につけられることは、あなたの将来のキャリア・人生でもきっとプラスに働きます。

メリット3:将来の選択肢が広がる

高校生がWebライターをする3つ目のメリットは、「将来の選択肢が広がる」ことです。高校生のうちからWebライティングの仕事をこなせば、単にバイトをするよりも将来の選択肢が格段に増えるといえます。

文章力が身につくこと・ライティングへの自信を持つこと・自分の文章を見てもらえる喜びを知ることで、将来は職業としてライターを目指すこともできます。

高校生のうちから文章を書くことが好きで、Webライティングの仕事を頑張った結果、ライティングの奥深さ・面白さに気づき、そのまま大学卒業後も出版社のライター・フリーのWebライターとして活躍するケースも多いです。

もちろんライター以外の職業への可能性も広がります。ライティングで身につけた考える力や情報収集スキルを研究者・学者として生かす道もあります。検索上位表示のためのSEOライティングを身につけ、WebディレクターやWebコンサルタントなどの職業に就く可能性も広がります。

また仕事を依頼されたテーマについて調べるうちに、今まで自分が知らなかった世界に興味を持ち、その分野で自らの可能性を開花させることもあります。例えば介護分野の執筆のお仕事を受けて、1から介護を勉強。介護業界に興味を持ち、その後は介護職員をしながら自身の経験をブログで発信し、介護職員兼インフルエンサーとして活躍するといった事例もあります。

特殊な仕事でなくとも、読者の思考を推測し、自分の言葉で提案して、アクションに結び付ける能力は、営業や企画・販売などあらゆる職種に必要な技術です。Webライターの経験はどんな仕事にも生かすことができ、将来の選択肢を広げることができますよ。

メリット4:社会人として自己管理能力が身につく

高校生がWebライターをする4つ目のメリットは、「社会人として自己管理能力が身につく」ことです。

厳しい話ですが、Webライティングの仕事をする以上、高校生であろうが関係ありません。企業からはWebライターとしてみられるため、”高校生だから”という言い訳は通用しません。

一般的にWebライターの仕事には納期が定められ、期日までにクライアントに作品を届けなければいけません。8月30日が納期だとすると、必ず8月30日までにクライアントに作品を提出しなければいけません。

Webライターは好きな時間に作業ができるという反面、納期に間に合わせるために自らスケジューリングを行い、作業に必要な時間や環境を作らなければいけません。つまり自身で納期までに計画を作り、コツコツ続けていく能力が必要になります。夏休みの宿題と似ているかもしれません。

アルバイトでは、社員や責任者に仕事内容を指示・管理してもらうので責任も少ないです。その点Webライターは、自分自身で「何を・いつまでに」作業するか、全てを管理しなければいけません。

自己管理ができなければ、クライアントからの信頼を失い、ライターとしての仕事や評価を失うことになります。自己管理能力はWebライターとして必須スキルであり、Webライターの仕事を通して身につけられる技術です。

社会人としてWebライティングの仕事をすることで、社会人として必須スキルである自己管理能力を身につけることができます。


以上がWebライティングをする4つのメリットになります。

高校生がWebライターをする4つのメリット
  • 時間や場所にとらわれずお金を稼げる
  • 考える力 / 文章力が鍛えられる
  • 将来の選択肢が広がる
  • 社会人として自己管理能力が身につく

次の章では、Webライターが向いている人・おすすめしたい人について解説します。

〇〇な人はWebライターがオススメ

この章ではメリットを踏まえ、Webライターがオススメな人を解説します。

Webライターがオススメな人
  • 一人で黙々と作業するのが好きな人
  • 文章を書くことに抵抗がない人
  • アルバイト以外に収入が欲しい人

Webライターは誰かと一緒に行う仕事というよりも、一人で作業することが多い仕事です。他人とペースを合わせて仕事をするのが苦手・一人で集中して仕事をしたい・人付き合いが得意ではない人は、Webライターに向いています。

もちろんクライアント(あなたに仕事をお願いする人・お客さん)との打ち合わせなど、人と協力することもライティングの仕事には必要です。

ただそれ以外は自分一人でパソコンに向き合いながら、黙々とライティングをします。好きな音楽を聴きながら、自分のタイミングで気分転換を図りながら、自分のスタイルで仕事ができるのがWebライターという仕事の魅力の1つです。デスクで黙々と作業をするのが好きな人は、Webライターの仕事がピッタリです。

また文章を書くことに抵抗がない人もWebライターがオススメです。これまでの学校生活の中で読書感想文を書くのが好きだったり、小論文を書くのに抵抗がなかったり、国語や現代文の授業が好きだった方は、抵抗なくWebライティングの仕事を始められるでしょう。

逆に文章を書くことに抵抗がある・ストレスを感じる方には、あまりオススメできません。助詞や接続詞などの日本語文法・作文ルールなど、国語の基礎学力で挫折している人には、文章を書くこと自体にストレスを感じる場合があるので、不向きだといえます。

現時点でのライティング能力・経験はなくても、クラウドソーシングサイトなどを利用すれば仕事ができ、Webライターとしてお金を稼ぐことができます。ただ文章の執筆に抵抗がある方や1人で黙々と作業することに抵抗がある人には、あまりオススメできないので注意が必要です。

Webライターとして仕事をすれば、アルバイトと同じもしくはそれ以上の収入を目指すこともできます。そのため「アルバイト以外に収入が欲しい」と考えている高校生にもおすすめです。

高校生のアルバイトには、労働基準法や学校の規則等による制限があります。深夜や早朝の仕事ができない・危険な肉体労働などの仕事ができないなど、労働基準法の定めにより勤務できる場所や時間も限られます。もっと働きたくても、学校や家庭の都合で働く日数が限定されることもあります。

「今のバイトだけでは十分な収入を確保できない」「もっと収入が欲しい」「もっと働きたい」と考えている読者も中にはいるのではないでしょうか。

Webライターの仕事であれば時間の制約がないため、深夜や早朝にも作業ができます。アルバイトをしながら副収入を得るためにWebライターの仕事をすることもできます。実績を積めば報酬を上げてくれるクライアントもあるので、アルバイトよりも効率の良く働けることもあります。

時間や場所にとらわれず、アルバイト以外に収入を稼ぎたい方に、Webライティングのお仕事はおすすめです。

ここまでWebライターをオススメしたい人の特徴を3つのポイントから解説しました。

Webライターがオススメな人
  • 一人で黙々と作業するのが好きな人
  • 文章を書くことに抵抗がない人
  • アルバイト以外に収入が欲しい人

上記のどれかにビビッとくる方は、Webライターのお仕事が向いているといえます。

次の章では、高校生がWebライターになって稼ぐための手順を解説します。

高校生がWebライターで稼ぐための3ステップ

高校生がWebライターとして稼ぐための手順を、3ステップに分けて解説します。

高校生がWebライターで稼ぐための3ステップ
  1. ソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールを入力し、案件に応募する
  3. 納期までに記事を執筆し、納品する

Webライターとして収入を得るまでの3ステップを1つずつ解説していきます。

STEP1:ソーシングサイトに登録する

Webライターとして稼ぐための1つ目のステップは、「ソーシングサイトに登録する」です。

まずは仕事を貰えるサイトである、クラウドソーシングサイトに会員登録しましょう。

クラウドソーシングを一言で説明すると、Webライティングの仕事を貰えるサイトです。クラウドソーシングサイトにはフリーランスや主婦など多数の会員が登録しており、会員に向けて企業や団体が仕事を発注(お願い)します。募集している仕事を見て会員が応募し、契約を締結し、業務を行うという流れになります。

高校生の皆さんがWebライティングの仕事を始める場合、まずはクラウドソーシングサイトに登録しましょう。クラウドソーシングサイトに登録することで、企業に営業して仕事を獲得する手間を省けるからです。つまりクラウドソーシングサイトに登録すれば、好きな仕事に応募できます。アルバイト募集サイトと同じ仕組みです。

無事に採用されたら、そのままお仕事を開始できます。給料の振込や仕事のやり取りなどは全てサイト上で完結するため、本当にパソコン1台でお金を稼げてしまうのです。Webライティングの仕事を早速してみたい方は、まずはクラウドソーシングサイトに登録してみましょう。

※クラウドソーシングサイトによっては、年齢制限があるサイトもあります。高校生の皆さんでも利用できるサイトは、「高校生でも登録できるおすすめのソーシングサイト3選」で解説しているのでぜひご覧ください。

STEP2:プロフィールを入力し、案件に応募する

クラウドソーシングサイトに登録したら、プロフィールを入力し、案件に応募しましょう。

登録だけでは仕事はやって来ません。どんな能力があるのか・どんな仕事ができるか・これまでどんな仕事をしてきたかなどの情報を、ソーシングサイト上のプロフィールに入力しましょう。これは履歴書・職務経歴書のようなものです。自分の情報を入力することで、興味関心にマッチした内容の仕事を受けやすくなります。

仕事をお願いする企業は、あなたが入力したプロフィールを見て仕事をお願いします。そのためプロフィールを充実させると、仕事が見つかりやすくなります。

プロフィールが入力できたら、案件に応募してみましょう。ソーシングサイト上には様々なクライアントから仕事の募集内容が掲載されるので、興味のある仕事に応募してみましょう。

「自分ならどんなアプローチでライティングします」「〇〇なライティングが得意です」というアピールも必要です。クライアントとメッセージのやり取りなどを行い、条件面で合意すれば契約となります。

STEP3:納期までに記事を執筆し、納品する

クライアントと契約したら具体的な仕事内容の打ち合わせを行います。記事のテーマやターゲットとなる読者層、記事のゴール設定などを確認します。詳細の確認ができたら、クライアントの指示をもとに記事の執筆を行います。

クライアントから納期が提示されるので、できるだけ余裕のあるスケジュールを設定し、執筆に取りかかりましょう。画像の添付や参考URLを記載するなど、文章作成以外の指示を受ける場合もあるので、指示に従いましょう。

記事が完成したら、文章を見直し、納品を行います。納品後はクライアントが原稿をチェック。必要があれば指示のもとで修正します。納品された原稿は、クライアントからの正式な検収OKをもって完成となります。

完成後、記事の執筆に応じて給料が振り込まれます。Webライティングの場合は1文字○円という契約体系が多いです。仮に1文字1円で7,000文字の文章を執筆した場合は、7,000円のお給料を貰うことができます。


ここまで高校生がWebライターとして稼ぐための手順を3つに分けて解説しました。

高校生がWebライターで稼ぐための3ステップ
  1. ソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールを入力し、案件に応募する
  3. 納期までに記事を執筆し、納品する

次の章では、高校生でも登録できるオススメのソーシングサイトを紹介します。

高校生でも登録できるおすすめのソーシングサイト3選

この章からは、高校生でも登録できるソーシングサイトを3個紹介していきます。

先ほども解説したように、クラウドソーシングサイトに登録すれば企業に営業することなく、Webライティングの仕事を獲得できます。

ただしほとんどのサイトが対象年齢を18歳以上と定めています。そこでこの章では、高校生の皆さんでも登録でき、お仕事ができるサイトを紹介していきます。

紹介するソーシングサイトは次の3個です。

登録特徴

ココナラ

無料登録

高校生でもライティングスキルを出品可能!

サグーワークス

無料登録

まだライティングスキルを持っていない
初心者ライターに特におすすめ!

shinobiライティング

無料登録

少額でもいいから
まずはお金を稼ぎたい方に特にオススメ!

1個ずつ詳しく、丁寧に紹介していきます。

※クラウドソーシングサイトとしてメジャーなクラウドワークスやランサーズは、対象年齢が18歳以上です。

ココナラ

1つ目に紹介するのが、ココナラです。

ココナラの最大の特徴は、受発注(仕事のお願い)が活発に行われていることです。年間62億円もの取引がココナラでは行われています。Webライターとしてのスキルをココナラに出品すれば、あなたに仕事をお願いしてくれる方もきっと見つかるでしょう。

ココナラの案件を見ると、文字単価3円や4円で出品しているライターさんも見つかります。1記事7,000文字前後だと考えると、1記事で21,000円〜28,000円の金額を稼いでいることがわかります。月10本執筆すれば、21万円〜28万円を稼いでいることになりますね。

ココナラの運営企業は上場企業であることから、運営会社の信頼性は非常に高いといえます。安全面も徹底した対策を実施していることから、業務中に未払いが起きたり、クライアントと連絡が取れなくなるということも少ないです。安全性は問題ないといえるでしょう。

対象年齢が18歳以上とするソーシングサイトが多い中で、ココナラは対象年齢を設けていません。高校生でもライティングスキルを出品して購入してもらうことができます。高校生の皆さんにまずおすすめしたいのがココナラです。

\ 高校生にまずオススメ! /

ココナラに登録してみる

サグーワークス

2つ目に紹介するのが、サグーワークスです。

サグーワークスの魅力は、金額が少額ではあるものの、稼ぎやすいサイトであることです。サグーワークスに登録すると、勝手に案件がサグーワークスから渡されます。

登録後すぐに案件をこなすことで、500円前後のお金を稼ぐことができます。

またサグーワークスが実施するテストに合格することでプラチナ会員に上がることができ、個別にお仕事のオファーを受けたり、クライアントの専属ライターになることができます。もちろん報酬もその分上がります。

サグーワークスは、まだライティングスキルを持っていない初心者ライターに特におすすめできるサイトです。サグーワークスが提供する「こぶたの鉛筆」を見ながらライティングスキルを習得し、案件で実績を積むことで着実にWebライターとしてステップアップができます。

発注企業数は累計3,600社を超えていることからも、案件を見つけやすいサイトだといえます。累計会員数も28万人を超えていることから、安全性は特段問題ないといえます。手っ取り早くライティングをしてお金を稼ぎたい方は、サグーワークスに登録してみることをおすすめします。

\ 初心者ライターにオススメ! /

サグーワークスに登録してみる

shinobiライティング

3つ目に紹介するのが、shinobiライティングです。

shinobiライティングの魅力は、サグーワークス同様、稼ぎやすさです。

shinobiライティングは、1,000文字以下の短い文章の記事作成の取り扱いが多いサイトです。300文字〜400文字・報酬144円というIT系の案件や220文字〜600文字・報酬が400円という医療系の案件があります。

長文を執筆するのにまだあまり慣れていない方で、短い文章で手っ取り早くサクサクと稼ぎたい方に特におすすめです。もちろん5,000文字や10,000文字といった長文の案件も数多くあるので、高単価の報酬を狙うことも可能ですよ。

累計作成記事数は5,255,024記事を超えており、登録ライター数も50万人以上いることからも、取引が活発に行われていることがよくわかります。サグーワークス同様、少額でもいいからまずはお金を稼ぎたい方に特にオススメのサイトです。

\ 手っ取り早く稼ぎたい人にオススメ! /

shinobiライティングに登録してみる


以上が高校生のみなさんにおすすめできるサイトです。

登録特徴

ココナラ

無料登録

高校生でもライティングスキルを出品可能!

サグーワークス

無料登録

まだライティングスキルを持っていない
初心者ライターに特におすすめ!

shinobiライティング

無料登録

少額でもいいから
まずはお金を稼ぎたい方に特にオススメ!

気になるサイトがあれば2〜3個登録してみてくださいね。

Webライターとして仕事をする際の5つの注意点

最後に、高校生がWebライターとして仕事をする際の5つの注意点を解説していきます。

Webライターとして仕事をする際の5つの注意点
  • 親の同意を得る
  • 学業を優先する
  • 納期までに必ず納品する
  • 報/連/相を徹底する
  • 税金面に注意する

5つの注意点を1つずつ解説します。

注意1:親の同意を得る

高校生がWebライターとして仕事をする際の注意点1つ目は、「親の同意を得る」ことです。

高校生が働いて収入を得るためには保護者の同意が必要です。労働基準法により、18歳未満がアルバイト等の労働をするには保護者の同意が必要と定められています。

クラウドソーシングサイトでも18歳未満が登録する場合には保護者の同意を前提としています。匿名で18歳以下であることを偽ってソーシングサイト上に登録できる場合もありますが、後々のトラブルの原因となります。必ず親の同意を得てから会員登録や仕事を行いましょう。

注意2:学業を優先する

高校生がWebライターとして仕事をする際の注意点2つ目は、「学業を優先する」ことです。

高校生の本業は言うまでもなく学業です。Webライターの仕事に熱中し過ぎると学業が疎かになり、進学や就職などの将来にも大きく影響します。

正直文章を書くことが好きな人には、Webライティングの仕事は天職だといえます。クラウドソーシングサイトを利用すれば、企業に営業しなくても仕事を獲得できます。

パソコン1台で仕事ができ、ライターとして実績を積んでいけば、月5万円・10万円・20万円の収入を得ることも可能です。向いている人には、その楽しさからWebライターに熱中しハマるでしょう。

しかし高校生の本業は学業であることを忘れないようにしてください。Webライティングの仕事と学業を両立できるのがベストです。ハマりすぎず、学業をしっかり優先することを大切にしてくださいね。

注意3:納期までに必ず納品する

高校生がWebライターとして仕事をする注意点3つ目は、「納期までに必ず納品する」ことです。

クライアントから指定される納期は必ず守りましょう。学業や部活動・アルバイトなど、webライターの仕事以外のスケジュールがどんなに過密であっても、仕事として請け負った以上、納期には必ず間に合わせる必要があります。

厳しい話ですが、「高校生だから」という言い訳は一切通用しません。納期を守らないライターはクライアントからの信頼も失います。継続契約をするクライアントがいなければ、報酬も不安定になり、希望する金額を稼ぐことができなくなります。

夏休みの宿題にも期限があったように、Webライティングの仕事にも納期とよばれる期限があります。クライアント(お客様)が指定する納期に必ず間に合うように計画を立て、記事を提出するようにしましょう。

注意4:報/連/相を徹底する

高校生がWebライターとして仕事をする際の注意点、4つ目は「報/連/相を徹底する」ことです。

Webライターの仕事に限らず、仕事の基本は「報告・連絡・相談」の報/連/相(ホウ・レン・ソウ)です。一人で執筆を行うWebライターの仕事でも、クライアントとの間では業務に関するやり取りを行う必要があります。

記事の内容について修正や追加が必要な部分があれば、連絡や報告を行い相談します。クライアントとの間の密なコミュニケーションが信頼関係を生み、クライアントの求める質の高い記事の作成に繋がります。

あってはなりませんが、万が一締め切りに間に合わないようなことがあれば、クライアントに必ず連絡しましょう。そのまま連絡をバックレるなど、あってはならない事態です。

度々説明しているように、「高校生だから」という言い訳は仕事では通用しません。Webライティングの仕事をする上では、「報告・連絡・相談」の報/連/相(ホウ・レン・ソウ)を徹底しましょう。

注意5:税金面に注意する

高校生がWebライターとして仕事をする際の注意点5つ目は、「税金面に注意する」ことです。

Webライターとしての仕事も、一定以上の収入になれば確定申告が必要になります。基本的に、高校生は保護者の扶養内で生活しています。

ただし年収が103万円を超えると、未成年であっても親の扶養から外れ、住民税や所得税が課税されます。扶養から外れると保護者の税負担が増え、世帯全体の手取り収入が減ってしまうため、注意が必要です。

アルバイトと掛け持ちでWebライティングの仕事をするとなると、年103万円・月8万円の壁を突破する可能性は高いでしょう。学生がお金を稼ぐ場合は、「扶養」という税金の問題があります。詳しくは親さんに相談するようにしてくださいね。


高校生がWebライターとして仕事をする際の注意点を5つ解説しました。

Webライターとして仕事をする際の5つの注意点
  • 親の同意を得る
  • 学業を優先する
  • 納期までに必ず納品する
  • 報/連/相を徹底する
  • 税金面に注意する

これらの注意点を無視してWebライターの仕事はできません。高校生がWebライターとして活躍するための注意点5つ、必ず守るようにしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると、高校生でもWebライターとして仕事をすることができました。

高校生がWebライティングをするメリットは次の4つでしたね。

高校生がWebライターをする4つのメリット
  • 時間や場所にとらわれずお金を稼げる
  • 考える力 / 文章力が鍛えられる
  • 将来の選択肢が広がる
  • 社会人として自己管理能力が身につく

以下にビビッとくる方は、Webライティングのお仕事がおすすめでした。

Webライターがオススメな人
  • 一人で黙々と作業するのが好きな人
  • 文章を書くことに抵抗がない人
  • アルバイト以外に収入が欲しい人

上記いずれかに当てはまる人は、ぜひWebライティングの仕事をしてみてくださいね。

高校生がWebライターで稼ぐための3ステップは次の通りでした。

高校生がWebライターで稼ぐための3ステップ
  1. ソーシングサイトに登録する
  2. プロフィールを入力し、案件に応募する
  3. 納期までに記事を執筆し、納品する

高校生でも登録できるソーシングサイトは次の3個でしたね。

登録特徴

ココナラ

無料登録

高校生でもライティングスキルを出品可能!

サグーワークス

無料登録

まだライティングスキルを持っていない
初心者ライターに特におすすめ!

shinobiライティング

無料登録

少額でもいいから
まずはお金を稼ぎたい方に特にオススメ!

Webライターとして仕事をする際は、次の5つの点に注意しましょう。

Webライターとして仕事をする際の5つの注意点
  • 親の同意を得る
  • 学業を優先する
  • 納期までに必ず納品する
  • 報/連/相を徹底する
  • 税金面に注意する

この記事が少しでも参考になれば幸いです。