ちょびリッチとハピタスの3つの違いと3つの共通点【どちらのサイトがおすすめ?】

  • 「ちょびリッチとハピタスどちらに登録したらお得なの?」
  • 「ちょびリッチとハピタス、どちらに登録しようか悩んでいる…」

あなたは今こんなことを考えていませんか?ちょびリッチとハピタスは会員数が300〜400万人と、多くの人に親しまれているポイントサイトです。

しかしいざ登録しようと思うと

  • ちょびリッチとハピタスの違いが分からない…
  • どっちが自分に合っている?

と迷う方も多いはず。

「ポイ活」で効率良く貯めるには「ポイントサイト」選びが重要です。この記事では、「ちょびリッチかハピタスか」どちらに登録するか迷っている方向けに、両者の特徴・違い・共通点を徹底的に解説しました。

この記事には具体的に次の内容がまとめてあります。

  • ちょびリッチとハピタスの基本情報を比較
  • ちょびリッチとハピタスの3つの違い
  • ちょびリッチとハピタスの3つの共通点
  • ちょびリッチがオススメな人
  • ハピタスがオススメな人

この記事を読めば、ちょびリッチかハピタスか、自分にピッタリのサイトが分かります。ぜひ最後までご覧ください。

ちょびリッチとハピタスの基本情報を比較

まずはちょびリッチとハピタスの基本情報から比較していきます。

ちょびリッチの基本情報は、次の通りです。

貯まるポイント独自ポイント
ポイントが貯まる主なネットショッピング楽天市場・Yahoo!ショッピング・dショッピング・au Payマーケット
コツコツ案件の種類アンケート・モニター・ゲーム・クリック・アプリダウンロード
現金への交換可能
交換可能な主な共通ポイントdポイント・nanacoポイント・WAONポイント・ANAマイル・JALマイル
利用可能なポイント交換サイトPeX・Gポイント・ドットマネー
仮想通貨への交換可能
ポイントの有効期限最終ポイント獲得・交換から1年
運営会社株式会社ちょびリッチ
会員数400万人以上
アプリの有無
ポイントの貯め方ショッピング・アンケート・モニター・ゲーム・クリック・アプリダウンロード・クレジットカード作成・口座開設・資料請求etc…
ポイントが貯まる主な旅行サイトじゃらん・Yahoo!トラベル・楽天トラベル・Booking.com・JAL・JTB・HIS
最低換金額500円(1000pt)
現金振込可能な金融機関ゆうちょ銀行(150円)・楽天銀行(無料)・ジャパンネット銀行(無料)・住信SBIネット銀行(無料)・その他の金融機関
交換可能な主なギフト券Amazonギフト券・App Store & iTunesギフトカード・Google Playギフトカード
チャージ可能なVISAプリペイドカードPollet
ポイントレート2ポイント=1円
友達紹介特典【紹介する側】・500pt(250円)※友達が入会をして、1pt獲得すればOK
・ちょびともボーナス
友達紹介特典【紹介される側】会員登録後の利用で、2,000pt(1000円)※登録後、翌月末までに5,000pt以上獲得
サービス開始年2006年
年齢制限12歳以上
セキュリティ対策第三者認証・プライバシーマーク取得・SSL化推進

ハピタスの基本情報は次の通りです。

貯まるポイント独自ポイント
ポイントが貯まる主なネットショッピング楽天市場・Yahoo!ショッピング・LOHACO・オムニ7・dショッピング・au Payマーケット
コツコツ案件の種類アンケート・モニター・ゲーム・クリック・アプリダウンロード
現金への交換可能
交換可能な主な共通ポイント楽天ポイント・dポイント・nanacoポイント
利用可能なポイント交換サイトPeX・Gポイント・ドットマネー
仮想通貨への交換可能
ポイントの有効期限最終ログインから1年
運営会社株式会社ozvision
会員数320万人以上
アプリの有無
ポイントの貯め方ショッピング・アンケート・モニター・ゲーム・クレジットカード作成・口座開設・資料請求etc…
ポイントが貯まる主な旅行サイトじゃらん・Yahoo!トラベル・楽天トラベル・Booking.com・JAL・JTB・HIS
最低換金額300円(300pt)※pollet活用で1円から換金可能
現金振込可能な金融機関(無料)ゆうちょ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行・みずほ銀行・全国の地方銀行・りそな銀行・ジャパンネット銀行・セブン銀行・住信SBIネット銀行・GMOあおぞらネット銀行・その他の金融機関
交換可能な主なギフト券Amazonギフト券・App Store & iTunesギフトカード・Google Playギフトカード
チャージ可能なVISAプリペイドカードPollet
ポイントレート1ポイント=1円
友達紹介特典【紹介する側】紹介したお友達(累計)の獲得したポイントの合計*紹介手数料
※紹介手数料はこちらを参照
友達紹介特典【紹介される側】紹介で登録したお友達が、登録後7日以内に初めてハピタスのサービスを利用したら、お友達に400pt(400円)プレゼント
※詳細はこちら
サービス開始年2007年
年齢制限13歳以上
セキュリティ対策SSL化推進

ちょびリッチ、ハピタスの概要を比較すると、以下、3つの違いと3つの共通点がみえてきます。

ちょびリッチとハピタスの3つの違い
  • ポイントの最低換金額の違い
  • 会員ステータスによる、ポイント還元の上がり幅の違い
  • ポイントレートの違い
ちょびリッチとハピタスの3つの共通点
  • どちらも信頼・安心できるポイントサイト
  • どちらのサイトもポイント交換がしやすい
  • コツコツ案件が豊富

それぞれ1つずつ次章から詳しく解説していきます。

ちょびリッチとハピタスの3つの違い

ちょびリッチとハピタスの違いは次の3つです。

ちょびリッチとハピタスの3つの違い
  • ポイントの最低換金額の違い
  • 会員ステータスによる、ポイント還元の上がり幅の違い
  • ポイントレートの違い

1つずつ詳しく解説していきます。

違い1:ポイントの最低換金額

1つ目に紹介するのが、ポイントの最低換金額の違いです。

結論からいうとポイントの最低換金額は、ハピタスの方が低く、その分便利です。

ちょびリッチとハピタス両サイトでは、ポイントが貯まると現金・ギフト券・共通ポイントなど、貯めたポイントを他のモノに交換できます。ちょびリッチとハピタスの最低換金額は、次のようになっています。

最低換金額
ちょびリッチ500円(1,000ポイント)
ハピタス300円(300pt)
※pollet活用で1円から換金可能

ちょびリッチでは500円(1,000ポイント)から換金可能です。つまり500円(1,000ポイント)が貯まらないと、貯めたポイントを現金やギフト券などに換金できません。

一方ハピタスは、Visaプリペイドカード「Pollet」を利用すれば、1円から換金可能です。つまりハピタスは、ポイントを貯めてからすぐに換金できます。

Polletとはポイントをはじめ、外貨・商品券などをキャッシュ化できるサービスです。貯めたキャッシュは、Visaプリペイドカードに移して使えます。Polletを利用すれば、Visa加盟店でお買い物ができますよ。

ポイントの最低換金額はハピタスの方が低く、貯めたポイントを利用しやすいといえるでしょう。

500円から換金可能!

ハピタス に登録してみる

違い2:会員ステータスによるポイント還元の上がり幅

ちょびりっちとハピタス2つ目の違いが、「会員ステータスによるポイント還元の上がり幅の違い」です。

結論をいうと、ポイントサイトを長く使いたい方は、ちょびりっちに登録することをおすすめします。

ちょびりっちの方がハピタスよりも、会員ステータスが上がるにつれ、ポイントがより還元されるからです。会員ステータスとは、ポイントを貯めていくにつれて上がる会員ランクのことです。

次の表は、ちょびリッチとハピタスの会員ステータスによるポイント還元の上がり幅の違いです。

ちょびリッチハピタス
レギュラー(ちょびリッチ)/一般(ハピタス)特典なし特典なし
会員条件登録直後登録直後
ブロンズアンケートの獲得ポイントの5%還元月の獲得ポイントの0%
会員条件利用回数1回、または獲得ポイント数500ポイント(250円)広告有効利用1回以上、または獲得ポイント1ポイント(1円)以上
シルバー月の獲得ポイントの5%還元月の獲得ポイントの1.0%
会員条件利用回数3回、または獲得ポイント数5,000ポイント(2500円)広告有効利用5回以上、または獲得ポイント2,500ポイント(2500円)以上
ゴールド獲得ポイントの10%還元月の獲得ポイントの2.0%
会員条件利用回数6回、または獲得ポイント数20,000ポイント(10,000円)広告有効利用20回以上、または獲得ポイント10,000ポイント(10,000円)以上
プラチナ(ちょびリッチのみ)獲得ポイントの15%還元なし
会員条件利用回数12回、または獲得ポイント数30,000ポイント(15,000円)なし

仮に4月に10,000円分のポイントを貯めたとしましょう。

ちょびリッチの最高会員ランク、プラチナの場合、獲得ポイントの15%還元なので、4月に獲得した10,000円分のポイントに加えて、1,500円のポイントが付与されます。つまり4月に獲得したポイントは、合計11,500円分のポイントとなります。

一方ハピタスの最高会員ランク、ゴールドの場合、獲得ポイントの2%が還元なので、4月に獲得した10,000円分のポイントに加えて、200円分のポイントが付与されます。つまり4月に獲得したポイントは合計10,200円分のポイントとなります。

このように会員ランクでみると、ちょびリッチの方が還元の上がり幅が大きいです。さらにちょびリッチでは入会から1年以上経ち、プラチナランクになった人は永久にゴールドランク以上を保てるという特権があります。

そのためポイントサイトを継続的に利用しようと決めている方は、ちょびりっちに登録した方が効率的にポイントを貯められるでしょう。

継続的に利用したい方にオススメ!

ちょびリッチ に登録してみる

違い3:ポイントレート

ちょびリッチとハピタスではポイントレートが違います。

ハピタスは、1ポイント=1円とわかりやすいポイントレートです。一方ちょびリッチは、2ポイント=1円と誤解が生じやすいので注意が必要です。

ちょびリッチ2ポイント=1円
ハピタス1ポイント=1円
ポイントのレートの違い

ちょびリッチ活用時は、ポイントレートが”2ポイント=1円”という点に注意してくださいね。


以上、3点がちょびリッチとハピタスの違いになります。

続いて、ちょびリッチとハピタスの共通点を簡単に解説していきます。

ちょびリッチとハピタスの3つの共通点

ここからはちょびリッチとハピタスの3つの共通点について解説していきます。

ちょびリッチとハピタスの3つの共通点
  • どちらも信頼・安心できるポイントサイト
  • どちらのサイトもポイント交換がしやすい
  • コツコツ案件が豊富

共通点1:どちらも信頼・安心できるポイントサイト

ちょびリッチ・ハピタス、どちらも信頼・安心して利用できるサイトです。セキュリティ対策をしていること、個人情報を大切に取り扱っていること、またお買い物安心保証制度があるからです。

安全性に関する、ちょびリッチとハピタスの調査結果は次の通りです。

サービス開始会員数第三者認証プライバシーマークSSL日本インターネットポイント協議会に加盟お買い物安心保証制度
ちょびリッチ2006年400万人以上
ハピタス2007年320万人以上
  • ともにサービス運用歴は、2021年現在、14年〜15年を数える
  • 会員数は300万人以上を超えている
  • SSL化を推進している

からも、安全性・信頼性に関しては問題なく利用できるでしょう。

ちょびリッチもハピタスも、日本インターネットポイント協議会に加盟していることも注目です。

同協議会はガイドラインを基に

  • ユーザーの利益を損なうことをしない
  • ユーザーからのポイント交換は何時でも受ける
  • サービスの終了やポイントの価値が変更する場合は、最低1ヶ月前に必ず連絡する

など安心・安全宣言をしています。

さらにちょびリッチ・ハピタス、どちらにもお買い物安心保証制度があります。お買い物安心保証制度とは、ポイント獲得時にポイントがうまく反映されない時に、サイト側がポイントを必ず反映してくれる制度です。

ポイントサイト利用時には、「ポイントがうまく反映されなかった」というトラブルがたまに起こります。こういったお買い物安心保証制度があるのは、安心できるポイントですね。

ハピタス・ちょびリッチ、どちらも共通して安全性・信頼性が高いポイントサイトです。登録後も安心して利用できますよ。

共通点2:どちらのサイトもポイント交換しやすい

どちらのサイトもポイント交換がしやすいです。現金はもちろん、電子マネーやポイント・マイルギフト券など、ポイント交換先が豊富です。そのため自分の生活に合った用途で、効率よくポイント交換できます。

次の表は、ちょびリッチ・ハピタスの交換先になります。

ちょびリッチハピタス
現金LINE Pay、pring、PayPal、住信SBIネット銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、その他金融機関

1,000ポイント→500円
※ゆうちょ銀行、その他金融機関では手数料が150円かかります
ゆうちょ銀行、ネット銀行、都市銀行、地方銀行、信用金庫、農協などの金融機関コードのある各種金融機関 

300ポイント→300円
※会員本人名義の口座限定
pollet1,000ポイント→500円分 1ポイント→1円
Amazonギフト券1,000ポイント→500円分490ポイント→500円分
楽天Edy1,000ポイント→500円分500ポイント→500円分
WebMoney1,000ポイント→500円分300ポイント→300円分
nanacoギフト1,000ポイント→500円分500ポイント→500円
App Store & iTunes コード1,000ポイント→500円分490ポイント→500円
Google Play ギフトコード1,000ポイント→500円分490ポイント→500円
ビットキャッシュ1,000ポイント→500円分300ポイント→300クレジット
楽天ポイント130ポイント→100ポイント
楽天スーパーポイント300ポイント→300円分
Gポイントギフト1,000ポイント→500Gポイント300ポイント→300G
QUOカードPay300ポイント→330円
ハピタスアウトレット・コミック1ポイント→1円
ビットコイン1,000ポイント→500円分300ポイント→300G
Pex1,000ポイント→5,000PeX300ポイント→3,000ポイント 
NetMile500ポイント→500mile
ドットマネーギフトコード1,000ポイント→500マネー100ポイント→100マネー
リアルエステートコイン1000ポイント→1000コイン
dポイント1,000ポイント→500ポイント300ポイント→300ポイント
ちょコム300ポイント→300ポイント
Mobageモバコイン2000ポイント→1940モバコイン
ハピタス堂書店1ポイント→1円
Pontaポイント コード1,000ポイント → 500ポイントのPontaポイント コード
JCBプレモデジタル950ポイント → 500円分
WAONポイントID1,000ポイント→500円分
ちょコムポイント1,000ポイント→500円分
カエトクマネー1,000ポイント→500円分
ニッセンポイント950ポイント→ニッセンポイント 500円
NET CASH1,000ポイント→500円分
OZポイント1,000ポイント→500ポイント
JALマイレージバンク800ポイント→200マイル
ANAのマイル1,000ポイント→140マイル
Gポイントギフト1,000ポイント→500Gポイント
ベルメゾン・ポイント1,000ポイント→500ベルメゾン・ポイント
ビックネットポイント1,000ポイント→500ビックネットポイント
Tポイント1,000ポイント→Tポイント 500ポイント
マックカード1,200ポイント→500円分のマックカード

このように豊富な交換先があるので、自分がしたい換金先にポイントを交換できますよ。

共通点3:コツコツ案件が豊富

ちょびリッチもハピタスも、コツコツ案件はどちらも充実しています。

コツコツ案件とは、毎日着実に数十円〜数百円のポイントが貯まる案件のことです。コツコツ案件には、主に次の5つの種類があります。

  • 無料ゲーム
  • アンケート
  • クリック
  • アプリDL
  • モニター

コツコツ案件の種類が豊富であればあるほど、毎日貯まるポイント数が多くなり、着実にポイントが貯まります。ちょびリッチ・ハピタス共通して、コツコツ案件が豊富です。紹介した5つの案件がどちらもあります。

コツコツと毎日貯めれば、1日数十円が確実に貯まります。1ヶ月続ければ、1,000円前後のポイントが貯まりますよ。

ハピタスでは1円単位で換金できるため、コツコツ案件とも非常に相性が良いです。コツコツ案件で貯めた数十円・100円・200円を、ハピタスではすぐに交換できますよ。コンビニなど少額のお買い物で役立ちそうですね。

ちょびリッチ、ハピタスどちらにも豊富なコツコツ案件があります。登録後は、ぜひ活用してみてくださいね。


以上が、ちょびリッチ・ハピタスの共通点になります。

ちょびリッチがおすすめな人

結論、ちょびリッチがオススメな人は次の3つにビビッとくる人です。

ちょびリッチがおすすめな人
  • これからポイントサイトを継続的に利用する意思がある人
  • 安心できるポイントサイトを活用したい人
  • Yahooショッピングをよく利用する人

ハピタスにはないちょびリッチのメリットは、「会員制度」です。ちょびリッチを長く使えば使うほど、いつもの獲得ポイントに加えてさらにポイントが還元されます。ポイントサイトを継続的に利用したい方には、ちょびリッチがおすすめです。

ちょびリッチは個人情報認証 TRUSTe(トラストイー)を保有し、日本インターネットポイント協議会に加盟しているので、信頼できるポイントサイトです。個人情報保護対策も徹底していますよ。

ちょびリッチでは、Yahooショッピングの高還元ショップがあります。還元率は最高で35%です。例えば1000円分のショッピングをYahooショッピングでした場合、最大350円分のポイントが獲得できます。Yahooショッピングをよく利用する方は、ちょびリッチの登録をおすすめします。

継続的に利用したい方にオススメ!

ちょびリッチ に登録してみる

ハピタスがおすすめな人

結論、ハピタスがオススメな人は次の3つにビビッとくる人です。

ハピタスがおすすめな人
  • 信頼できるポイントサイトを利用したい人
  • ネットショッピングをよく利用する人
  • ポイント交換の際の手数料や換金額を気にしていている人

日本インターネットポイント協議会に加盟し、プライバシーマークを取得しているため、ハピタスは信頼できるポイントサイトといえます。

ハピタスでは楽天やYahoo!ショッピングをはじめ、利用可能なサービスは3,000を超えています。自分がよく利用しているお店をハピタス経由で利用すれば、ポイントがあっという間に貯まっていきます。ネットショッピングをよく利用する方は、ハピタスへの登録をおすすめします。

還元率が高いこともおすすめの理由です。またハピタスはPolletを活用すれば、ポイント交換時に手数料がかかりません。1円単位で換金できます。

このようにポイントサイトを活用しながらネットショッピングを存分に楽しみたいという方は、ハピタスへの登録をおすすめします。

ネットショッピングで貯まる!

ハピタス に登録してみる

少しでも迷っている場合はどちらにも登録をしてみよう!

「ハピタスかちょびリッチか…」どちらに登録しようか悩んでいる場合は、どちらのサイトにも登録してみましょう。

事実消費者庁の調査からも、ポイントサイトに登録している方の3人に2人が、3サイト以上に登録していることがわかっています。

ハピタス・ちょびリッチの両方に登録することで、ポイント獲得の選択肢が広がり、より多くのポイントを貯められます。

登録はどちらも無料です。簡単2〜3分ほどで登録が完了します。少しでも迷っている方は、どちらのサイトにも登録してみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると、ちょびリッチとハピタスには次の3つの違いがありましたね。

ちょびリッチとハピタスの3つの違い
  • ポイントの最低換金額の違い
  • 会員ステータスによるポイント還元の上がり幅の違い
  • ポイントレートの違い

反対に、共通点は次の3つでした。

ちょびリッチとハピタスの3つの共通点
  • どちらも信頼・安心できるポイントサイト
  • どちらのサイトもポイント交換がしやすい
  • コツコツ案件が豊富

ちょびリッチがオススメな人は次の3つにビビッとくる人です。

ちょびリッチがオススメな人
  • これからポイントサイトを継続的に利用する意思がある人
  • 安心できるポイントサイトを活用したい人
  • Yahooショッピングをよく利用する人

ハピタスがオススメな人は次の3つにビビッとくる人です。

ハピタスがオススメな人
  • 信頼できるポイントサイトを利用したい人
  • ネットショッピングをよく利用する人
  • ポイント交換の際の手数料や換金額を気にしていている人

どちらに登録しようか迷っている場合は、ちょびリッチ・ハピタスどちらにも登録するのがおすすめですよ。この記事が少しでも参考になれば幸いです。