マクロミルとリサーチパネルの違いと2つの共通点【あなたはどちらがおすすめ?】

  • 「マクロミルとリサーチパネルどちらに登録するのがおすすめ?」
  • 「マクロミルとリサーチパネルって何が違うの?」
  • 「自分はどちらのサイトが合ってる?」

あなたは今こんなことを考えていませんか?

マクロミルとリサーチパネルの違い・共通点は次の通りです。

マクロミルとリサーチパネルの違い
  • ポイントの利用しやすさの違い
マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点
  • どちらのサイトも稼ぎやすいアンケートサイト
  • どちらのサイトも安全性・信頼性は高いサイト

この記事では、「マクロミルかリサーチパネルどちらがおすすめなの?」と迷っている方向けに、両者の違い・共通点を詳しく解説しました。また後半では、マクロミルとリサーチパネルがおすすめな人をそれぞれまとめました。この記事を読めば、あなたにピッタリのアンケートサイトが分かります。

「自分に合ったアンケートサイトに登録して、サイトを有効活用してほしい」という思いで解説しました。ぜひ最後までご覧くださいね。

マクロミルとリサーチパネルの基本情報を比較

まずはこの章からマクロミルとリサーチパネルの基本情報を比較していきます。

マクロミルの概要

マクロミルの概要は次の通りです。

運営会社株式会社マクロミル
累計会員数130万人
サービス開始年2000年
アンケートの種類– WEBアンケート
– 日記形式アンケート
– オンラインインタビュー調査
– 商品モニター
– 座談会
– 会場調査
ポイントの交換先– 現金への交換:可能
– 現金振込可能な金融機関:楽天銀行・三菱UFJ銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・三井住友銀行・PayPay銀行
– 交換可能な主な共通ポイント:Gポイント・Tポイント・Pex
– 交換可能な主なギフト券:Amazonギフト券
– 仮想通貨への交換:可能(コインチェック)
ポイントレート1ポイント=1円
最低換金額500円相当(500ポイント)
ポイントの有効期限年に一度、登録情報の更新手続き
年齢制限6歳以上
ポイントが貯まるアンケートの種類6種類
友達紹介制度【紹介する側】
紹介ボーナス:100円(100ポイント)
※1週間以内にアンケートに1回以上
【紹介される側】
お友達後も入会後:30円(30ポイント)

当サイトで次の3つを基準に計26個のアンケートサイトを調査した結果、マクロミルの総合順位は堂々の”1位”でした。

マクロミルの評価
  • ポイントの貯めやすさ:2位タイ
  • ポイントの利用しやすさ:1位タイ
  • サイトの安全性:2位タイ

アンケートモニターを利用したい全ての方にマクロミルはオススメです。

\ アンケートサイトNo.1! /

マクロミルに登録してみる

リサーチパネルの概要

続いて、リサーチパネルの概要を紹介していきます。

運営会社株式会社リサーチパネル(Research Panel, Inc.)
※親会社:株式会社VOYAGE GROUP
累計会員数170万人
サービス開始年2005年
アンケートの種類– ご紹介アンケート
– 日記アンケート
– 海外アンケート
– ホームユースアンケート
座談会
ポイントの交換先※いずれもPeX経由で交換可能
– 現金への交換:可能
– 現金振込可能な金融機関(手数料):楽天銀行(50円)・ゆうちょ銀行(50円)・みずほ銀行(50円)・住信SBIネット銀行(50円)・そのほかの金融機関(200円)
– 交換可能な主な共通ポイント(手数料):楽天ポイント(400円)・Tポイント(50円)・dポイント・Pontaポイント・LINEポイント・nanacoポイント(50円)・WAONポイント・JALマイル
– 交換可能な主なギフト券:Amazonギフト券・Google Playギフトカード
– 利用可能なポイント交換サイト:PeX
– チャージ可能なVISAプリペイドカード:なし
– 仮想通貨への交換:可能(ビットコインのみ)
ポイントレート10pt=1円※交換先により異なる
最低換金額300円(3000pt)
ポイントの有効期限獲得月から1年を過ぎた時点で3ヶ月ごとに有効期限を迎え、獲得年月の古いポイントから失効
年齢制限7歳以上
友達紹介制度【紹介する側】
招待したお友達が会員登録して、さらにアンケートで50円(500pt)貯めると、300円(3,000pt)貯まる
【紹介される側】
招待したお友達がリサーチパネルに会員登録すると、お友達に 「プレゼントポイント」50円(500pts.) が加算

当サイトで次の3つの項目を基準にして計26個のアンケートサイトを調査したところ、リサーチパネルの総合評価は10位という結果でした。

リサーチパネルの評価
  • ポイントの貯めやすさ:4位タイ
  • ポイントの利用しやすさ:26位タイ
  • サイトの安全性:7位タイ

\ ポイントが貯めやすい! /

リサーチパネルに登録してみる


マクロミルとリサーチパネルの概要を比較していくと、以下の違いと共通点があることがわかりました。

マクロミルとリサーチパネルの違い
  • ポイントの利用しやすさの違い
マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点
  • どちらのサイトも稼ぎやすいアンケートサイト
  • どちらのサイトも安全性・信頼性は高いサイト

まずは違いから丁寧に解説していきます。

マクロミルとリサーチパネルの違い

マクロミルとリサーチパネルの違いは、「ポイントの利用しやすさ」です。

結論をいうと、マクロミルの方がリサーチパネルよりもポイントが利用しやすいサイトだといえます。なぜならマクロミルの方がリサーチパネルよりも、以下の3点で優れているからです。

マクロミルの方が優れている点
  • ポイントレートがマクロミルの方がわかりやすい
  • マクロミルの方がポイント交換がスムーズ
  • ポイントの有効期限の条件がマクロミルの方がゆるい

マクロミルのポイントレートは1p=1円となっています。対して、リサーチパネルのポイントレートは10p=1円。マクロミルの方が直感的にポイントを理解できます。

またマクロミルの方がリサーチパネルよりもポイントをスムーズに交換できます。リサーチパネルではポイント交換時に、PeXと呼ばれるポイント交換サービスを挟む必要があります。

貯めたポイントをPeXに交換すればポイント交換先が増えますが、一度PeXに交換する必要があるという手間が得点を押し下げる要因になりました。

出典:PeX

マクロミルでは貯めたポイントを直接交換できるため手間なく、スムーズに交換できます。

またポイントの有効期限もマクロミルの方が緩いです。マクロミルではポイントの有効期限を「年に一度、登録情報の更新手続きをすれば有効期限が切れない」としています。つまり年に一度登録情報を更新するだけでポイントが消えなくてすみます。

\ アンケートサイトNo.1! /

マクロミルに登録してみる

一方リサーチパネルでは、ポイントの有効期限を「獲得月から1年を過ぎた時点で3ヶ月ごとに有効期限を迎え、獲得年月の古いポイントから失効」としています。つまりポイント獲得月から1年を過ぎた時点で、3ヶ月ごとにポイントが失効していくのです。

ポイントの延長に関する条件は特になく、リサーチパネルを使用する場合は早めにポイントを交換することが大切です。


以上、マクロミルとリサーチパネルには「ポイントの利用しやすさ」の違いがあります。

マクロミルとリサーチパネルの違い
  • ポイントの利用しやすさの違い

当サイトの調査でも、マクロミルとリサーチパネルの「ポイントの利用しやすさ」の評価は以下のように明確な違いがでました。

マクロミルリサーチパネル

貯めたポイントをスムーズに利用したい方は、マクロミルに登録することをおすすめします。

\ アンケートサイトNo.1! /

マクロミルに登録してみる

続いて、マクロミルとリサーチパネルの共通点を2つ紹介していきます。

マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点

マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点をこの章では紹介していきます。

マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点
  • どちらのサイトも稼ぎやすいアンケートサイト
  • どちらのサイトも安全性・信頼性は高いサイト

1つずつ詳しく解説していきます。

共通点1:どちらのサイトも稼ぎやすいアンケートサイト

マクロミル、リサーチパネルどちらも稼ぎやすいサイトだといえます。

なぜなら他アンケートモニターサイトよりも、共通してアンケートの種類・量が多いからです。以下は、両者のアンケートの種類・量をまとめた表になります。

アンケートの種類アンケートの量

マクロミル
– WEBアンケート
– 日記形式アンケート
– オンラインインタビュー
– 調査商品
– モニター座談会
– 会場調査
1日平均10本前後

リサーチパネル
– ご紹介アンケート
– 日記アンケート
– 海外アンケート
– ホームユースアンケート
– 座談会
1日7〜8件前後

マクロミル・リサーチパネル共通して単価は低いものの、毎日コツコツ頑張れば確実にポイントが貯まる「Webアンケート(ご紹介アンケート)」や応募倍率が高く、抽選制ではあるものの高単価である「座談会」や「会場調査」などのアンケートがあります。

どちらも共通してアンケートの種類が多く、配信量も多いです。そのため毎日コツコツ頑張れば、月1,000円以上のポイントをしっかり貯めることができます。さらにガッツリ稼ぎたいときは、1個の単価が約4,000円〜5,000円の座談会に申し込むことをおすすめします。

当サイトの検証でも、「ポイントの稼ぎやすさ」の調査でどちらのサイトも1位を記録しました。ポイントが貯まるアンケートサイトに登録したい方は、マクロミル・リサーチパネル両方に登録することをおすすめします。

会員登録総合評価安全性稼ぎやすさ換金性

マクロミル

無料登録

4.4

リサーチパネル

無料登録

2.7

共通点2:安全性・信頼性はどちらも高い

マクロミル・リサーチパネルどちらも安全性・信頼性が高いといえます。なぜなら両者共通して次の特徴を持っているからです。

マクロミル・リサーチパネルに共通する特徴
  • 運営会社が東証一部上場企業
  • 会員数が100万人を超えている
  • 運営歴がどちらも長い、歴史がある
  • 個人情報保護を徹底しており、セキュリティが高い

マクロミルの運営元は株式会社マクロミルで、東証一部上場企業です。またリサーチパネルの親会社は、株式会社VOYAGE GROUPで、その親会社の株式会社CARTA HOLDINGSも東証一部上場企業です。どちらも運営会社または親会社が東証一部上場企業であることから、運営会社の安全性・信頼性はどちらも高いです。

会員数サービス開始年

マクロミル
130万人2000年

リサーチパネル
170万人2005年

マクロミルは130万人、リサーチパネルは170万人と、どちらも会員数が100万人を超えています。運営歴も2021年現在でマクロミルは16年(2000年〜)、リサーチパネルは21年(2005年〜)の歴史を誇ります。会員数が多く、歴史が長いことからも、両方とも信頼できるアンケートモニターサイトだと言えます。

また両者共通して以下2つのセキュリティ対策をしています。

  • SSL化を推進している
  • プライバシーマークを取得している

個人情報保護に関しても万全の対策をしているといえます。

当サイトのアンケートモニターの「安全性/信頼性」に関する調査でも、マクロミルは2位・リサーチパネルは7位を記録しました(全26サイト中)。どちらのサイトも安心して利用できますよ。

会員登録総合評価安全性稼ぎやすさ換金性

マクロミル

無料登録

4.4

リサーチパネル

無料登録

2.7

以上が、マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点になります。

マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点
  • どちらのサイトも稼ぎやすいアンケートサイト
  • どちらのサイトも安全性・信頼性は高いサイト

最後に、マクロミルがおすすめな人、リサーチパネルがおすすめな人をまとめていきます。

マクロミルがおすすめな人

ここまでマクロミルとリサーチパネルの共通点・違いをまとめていきました。

結論マクロミルがおすすめな人は次にビビッとくる方です。

マクロミルがオススメな人
  • これからアンケートサイトを使って月1,000円以上稼ぎたい人
  • アンケートサイトに初めて登録する人
  • 安全性が高い、信頼できるアンケートサイトに登録したい人

他サイトと比較してもマクロミルは、アンケートの量・種類に強みをもっています。1日10〜20件のアンケートが届き、アンケート単価が2〜3円だとすると、1ヶ月に1,000円以上稼ぐことは可能です。スキマ時間にアンケートをコツコツこなせば、しっかりポイントが貯まりますよ。

「マクロミルでしっかり稼げた!」という口コミも多く見られます。

マクロミルの本アンケートは高単価です。先ほどもアンケートに回答して60ポイントゲットです。マクロミルは他のアンケートアプリよりもかなり稼げますのでオススメです。ぜひお試しください。

引用:Twitter

マクロミルは毎日アンケートに答えるだけで安定してポイントを稼ぐ事が出来ます。現金に交換も出来ます。僕は毎月多くて2000ポイントくらい稼いでいます。オンラインインタビューなどポイントを多く稼げる案件もあるので、登録して見て下さい。

引用:Twitter

安全性の観点からも、マクロミルは間違いなく信頼できるアンケートサイトです。運営元の会社は東証一部上場企業であり、会員数も多く歴史があり、セキュリティ体制も万全だからです。

当サイトの調査で総合評価1位だったマクロミル。これからアンケートサイトに登録する初心者の方や、ポイントをガッツリ貯めたい方に特におすすめのアンケートモニターサイトです。

\ アンケートサイトNo.1! /

マクロミルに登録してみる

登録はもちろん無料。簡単1〜3分で完了します。気になる方は、お早めに登録することをおすすめします。

リサーチパネルがおすすめな人

リサーチパネルがおすすめな人は以下にビビッとくる方です。

リサーチパネルがオススメな人
  • これからアンケートサイトを使って月1,000円以上稼ぎたい人
  • 安全性が高い信頼できるアンケートサイトに登録したい人

リサーチパネルは稼ぎやすいアンケートモニターサイトです。マクロミル同様、アンケートの量・種類が非常に充実しているからです。

「リサーチパネルはしっかり貯まるサイトだ」という良い口コミも見つかりました。

月曜から夜更かしで紹介されたサイト。リサーチパネルはアンケートの数が多いアンケートサイトです。マクロミルに匹敵するアンケート量を誇ります

引用:Twitter

ポイントが貯まりやすいのが一番のオススメポイントです。アンケート、クイズ、ニュースを読むなどいろいろな方法でポイント貯まります。ポイント付与に時差があるので、気がつくと貯まっている感じが嬉しいです。

引用:みんなの在宅ワーク

当サイトの調査でも、「ポイントの稼ぎやすさ」ではマクロミルと同じ1位を記録しました。リサーチパネルの運営元は東証一部上場企業であり、会員数は170万人、2005年からサービスを開始しています。安全性・信頼性に関しても問題なく、安心して利用できるアンケートモニターサイトだといえます。

\ ポイントが貯めやすい! /

リサーチパネルに登録してみる

登録は無料。簡単1〜3分で完了します。少しでも気になる方は、早めに登録することをおすすめします。

迷った場合はどちらにも登録するのがおすすめ

当サイトとしてはマクロミルかリサーチパネルどっちかに登録するのではなく、「どちらにも」登録することをおすすめします。

マクロミル・リサーチパネル両方に登録することで回答できるアンケートが増え、稼げる金額が増えます。マクロミル、リサーチパネルの「掛け持ち」をおすすめします。

事実、アンケートサイト(ポイントサイト)利用者の約9割が2サイト以上のアンケートサイト(ポイントサイト)に登録しているという調査結果もあります。

マクロミル・リサーチパネル、どちらのサイトも総合力は非常に高いです。マクロミル・リサーチパネルどちらにも登録しておけば、月1,000円〜3,000円前後のポイントを貯めるのも現実的です。

悩んでいる場合はどちらにも登録しておくことをおすすめします。

会員登録総合評価安全性稼ぎやすさ換金性

マクロミル

無料登録

4.4

リサーチパネル

無料登録

2.7

まとめ

いかがだったでしょうか。

まとめると、マクロミルとリサーチパネルの違い・共通点は次の通りでした。

マクロミルとリサーチパネルの違い
  • ポイントの利用しやすさの違い
マクロミルとリサーチパネルの2つの共通点
  • どちらのサイトも稼ぎやすいアンケートサイト
  • どちらのサイトも安全性・信頼性は高いサイト

マクロミルがおすすめな人は次にビビッとくる方でしたね。

マクロミルがオススメな人
  • これからアンケートサイトを使って月1,000円以上稼ぎたい人
  • アンケートサイトに初めて登録する人
  • 安全性が高い、信頼できるアンケートサイトに登録したい人

\ アンケートサイトNo.1! /

マクロミルに登録してみる

またリサーチパネルがおすすめな人は次にビビッとくる方でした。

リサーチパネルがオススメな人
  • これからアンケートサイトを使って月1,000円以上稼ぎたい人
  • 安全性が高い信頼できるアンケートサイトに登録したい人

\ ポイントが貯めやすい! /

リサーチパネルに登録してみる

どちらに登録しようか迷っている場合は、どちらにも登録する「掛け持ち」をおすすめします。両方に登録すれば、回答できるアンケートの量・種類が増え、着実にポイントが貯まるからです。

会員登録総合評価安全性稼ぎやすさ換金性

マクロミル

無料登録

4.4

リサーチパネル

無料登録

2.7

この記事が少しでも参考になれば幸いです。